メインメニューを開く

議政府軽電鉄(ウィジョンブけいでんてつ、Uijeongbu Light Rail Transit)は、大韓民国京畿道議政府市にある鉢谷駅と同市の塔石駅を結ぶ案内軌条式鉄道AGT)路線である。愛称は「U Line」。

議政府軽電鉄
車両
車両
基本情報
大韓民国の旗 大韓民国
種類 新交通システム
起点 鉢谷駅
終点 塔石駅
駅数 15
開業 2012年7月1日
所有者 議政府市
運営者 議政府軽電鉄
議政府市(暫定)
(2019年4月まで仁川交通公社に委託)
(2019年5月-)宇進メトロ
路線諸元
路線距離 11.076 km
軌間 1,620 mm
線路数 複線
電化方式 直流750V
最高速度 80 km/h
テンプレートを表示
議政府軽電鉄
各種表記
ハングル 의정부 경전철
漢字 議政府輕電鐵
発音 ウィジョンブ・キョンジョンチョル
日本語読み: ぎせいふけいでんてつ
英語 Uijeongbu Light Rail Transit
テンプレートを表示

路線運営は議政府軽電鉄株式会社となっていたが、経営難により2017年5月26日破産宣告を受け、議政府市による暫定管理の後、2019年5月1日より宇進メトロが運営を担っている。なお、列車運行等の業務は開業前の試運転時から仁川交通公社に委託されていた[1]

開業当初、首都圏電鉄の統合運賃の対象外路線となっていたが、2014年12月6日より対象路線となった。ただし、他路線との乗り換え時は首都圏統合運賃に加算運賃が適用される。

目次

概要編集

車両編集

沿革編集

  • 1月3日 - 累積赤字が2,000億ウォンに達したため、運営者の「議政府軽電鉄(株)」出資企業に対し、債権団が「事業途中解約権」を行使、近日破産手続きに入ると発表。ただし、次の運営事業者が決定されるまでは運行を継続する見通し[4]
  • 8月30日 - 議政府軽電鉄社、仁川交通公社と暫定的に管理運営契約締結[5]。事業者交代は同年10月1日から1年間[6]
  • 2018年
    • 7月 - 仁川交通公社が暫定的に運営している軽電鉄の新運営権公募で新韓BNPパリバ資産運用牛耳新設軽電鉄運営社のコンソーシアムが最優先交渉権を獲得。契約締結がなされると、2042年6月までの運営を担当することになる[7]
    • 11月 - 新韓BNPパリバ連合を選定、協約締結[8]
  • 2019年5月1日 - 牛耳新設軽電鉄運営社の親会社である宇進産電が設立した「宇進メトロ」社が新たな運営事業者となる[9]。受託期間は2042年6月までの23.5年間[8]

議政府軽電鉄株式会社編集

議政府軽電鉄株式会社(의정부경전철주식회사Uijeongbu LRT Co., Ltd.)はGS建設などが設立した建設・運営事業事業者。


駅一覧編集

駅番号 駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km) 接続路線
日本語 ハングル 英語
U110 鉢谷駅 발곡역 Balgok 0.0 0.0  
U111 回龍駅 회룡역 Hoeryong 0.8 0.8 韓国鉄道公社1号線京元電鉄線) (111)
U112 ポムコル駅 범골역 Beomgol 0.6 1.4  
U113 軽電鉄議政府駅 경전철의정부역 Uijeongbu 1.0 2.4  
U114 議政府市庁駅 의정부시청역 City Hall 0.9 3.3  
U115 興宣駅 흥선역 Heungseon 0.6 3.9  
U117 議政府中央駅 의정부중앙역 Jung-ang 1.1 5.0  
U118 東梧駅 동오역 Dong-o 0.7 5.7  
U119 セマル駅 새말역 Sae-mal 0.8 6.5  
U120 京畿道庁北部庁舎駅 경기도청 북부청사역 Gyeonggi Prov. Gov't North Ofc. 0.6 7.2  
U121 孝子駅 효자역 Hyoja 0.6 7.8  
U122 昆弟駅 곤제역 Gonje 0.8 8.6  
U123 魚竜駅 어룡역 Eoryong 0.9 9.5  
U124 松山駅 송산역 Songsan 0.6 10.1  
U125 塔石駅 탑석역 Tapseok 0.5 10.6  
  • 興宣 - 議政府中央間に新駅を設置する構想があるが、具体的な計画には至っていない。このため、駅番号U116は欠番となっている。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集