護国寺

東京都文京区にある寺院

護国寺(ごこくじ)は、東京都文京区大塚五丁目にある真言宗豊山派。神齢山悉地院大聖護国寺と称する。

護国寺
Gokokuji - hondo.jpg
本堂(重要文化財)
所在地 東京都文京区大塚五丁目40番1号
位置 北緯35度43分18.3秒 東経139度43分32.3秒 / 北緯35.721750度 東経139.725639度 / 35.721750; 139.725639座標: 北緯35度43分18.3秒 東経139度43分32.3秒 / 北緯35.721750度 東経139.725639度 / 35.721750; 139.725639
山号 神齢山
院号 悉地院
宗旨 新義真言宗
宗派 真言宗豊山派
寺格 大本山
本尊 如意輪観世音菩薩
創建年 天和元年(1681年
開基 桂昌院亮賢(開山)
正式名 神齢山 悉地院 大聖護國寺
別称 音羽護国寺
札所等 御府内八十八箇所 87番
江戸三十三箇所 13番
東国花の寺百ヶ寺 東京3番
文化財 本堂、月光殿、絹本著色尊勝曼荼羅図ほか(重要文化財)
法人番号 8010005000350 ウィキデータを編集
護国寺の位置(東京都内)
護国寺
テンプレートを表示
月光殿入口(重要文化財の月光殿(旧日光院客殿)はこの建物の背後にあり、この画像では見えない)

概要編集

天和元年(1681年)2月7日、徳川綱吉は母、桂昌院の願いをうけ、高崎大聖護国寺住持であった亮賢に高田薬園の地を与え、桂昌院の祈願寺護国寺の建立を命じた。

本尊は桂昌院念持仏の琥珀如意輪観音 (絶対秘仏)。本堂(観音堂)本尊は堀田正虎の母・栄隆院尼寄附の如意輪観世音菩薩。江戸三十三箇所観音霊場の第13番札所である。江戸時代には浅草寺回向院に次いで出開帳の宿寺として人気があった[1]

境内には富士塚の「音羽富士」がある。

護持院編集

神田にあった護持院は享保2年の火災で焼失し、跡地が火除地(護持院ヶ原)とされたため、護国寺の地に移転してきた。護持院は筑波の知足院中禅寺の江戸別院で、新義真言宗僧録であり、新義真言宗で最も格式の高い寺院であった。護国寺の東側の地(現在護国寺本坊のある付近)を占め、護持院住職が護国寺住職を兼ねるという変則的な形になった[2]

護持院は明治時代に神仏分離により打撃を受けて廃寺となり、旧護持院境内は護国寺のものであることが認められた。

明治維新後編集

護国寺は幕府の祈願寺で、檀家を持たなかったため、明治維新後は後ろ盾を失い、経済的な苦境に陥った。境内地5万坪のうち、東側の2万5千坪は宮家の墓所(豊島岡墓地)が造られた。これは1873年明治6年)の明治天皇の第一皇子稚瑞照彦尊の薨去(死産)を機に、護国寺境内の東半分が皇族墓地とされたものである。また、西側の5千坪は陸軍用墓地となり、境内は2万坪ほどに縮小した。(現在、陸軍墓地は護国寺墓地の一角に整理されている)

稚瑞照彦尊の生母、葉室光子も1873年に亡くなるが、皇族墓地に入れず、護国寺境内に葬られた。

のち、境内に三条実美山縣有朋大隈重信らの墓所が造られるが、これは明治初年に当時の政府高官へ働きかけ、墓地の新設を認められたことによるという[3]

境内の整備編集

実業家・茶人として知られる高橋義雄(箒庵)は護国寺の檀家総代を務め、大正から昭和初期にかけて境内の整備を行った。芝にあった松平不昧公の墓所が関東大震災で被害を受け、区画整理の関係もあって松江への移転が検討されているのを知り、護国寺への移転を実現させた。また園城寺(滋賀)にあった月光殿を実業家原六郎(明治財界五人男の1人)から譲り受け、本堂の西側に移築した。その他、5つの茶室、多宝塔(石山寺の多宝塔がモデル)、不老門(鞍馬寺にある由岐神社拝殿がモデル)を建設した[4]。これ以後、月光殿や茶室を利用して護国寺で大規模な茶会が開催されるようになった。

別院編集

文化財編集

重要文化財の本堂、滋賀の園城寺(三井寺)から移築された月光殿など、多くの文化財を有する。また、大隈重信山田顕義梅謙次郎ら多くの著名人の墓所としても知られる。

重要文化財編集

  • 本堂 元禄10年(1697年)建立
  • 月光殿(旧園城寺日光院客殿、桃山時代)
  • 絹本著色尊勝曼荼羅図
  • 金銅五鈷鈴
  • 絹本墨画漁夫図 張路筆(中国・明時代)
  • 綸子地梅樹竹模様染繍振袖
  • 諸寺縁起集
  • 騎竜観音 原田直次郎筆(1890年 油絵 麻布)(東京国立近代美術館に寄託、2007年度指定)[5]

典拠:2000年(平成12年)までの指定物件については、『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(毎日新聞社、2000)による。

施設編集

  • 桂昌殿

墓所編集

護国寺共葬墓地

歴代貫首編集

  1. 亮賢
  2. 賢広
  3. 快意
  4. 亮貞
  5. 尊祐
  6. 隆慶
  7. 兼澄
  8. 尚彦
  9. 恵海
  10. 主真
  11. 慧任
  12. 圭賢
  13. 信怒
  14. 宗算
  15. 光星
  16. 能勝
  17. 光星
  18. 慧山
  19. 有慶
  20. 懐玄
  21. 慧翁
  22. 儀貞
  23. 実貞
  24. 実自
  25. 信応
  26. 元栄
  27. 盛尊
  28. 高隆
  29. 賢慶
  30. 通弁
  31. 祐澄
  32. 令法
  33. 秀陽
  34. 栄性
  35. 真淳
  36. 信慧
  37. 法信
  38. 長盛
  39. 通済
  40. 宥歓
  41. 快照
    (明治維新)
  42. 実盈
  43. 隆盛
  44. 俊海
  45. 高志大了
  46. 高城義海
  47. 沢田秀元
  48. 永見快賢
  49. 早川快亮
  50. 小野方良行
  51. 佐々木教純
  52. 岡本教海
  53. 小林良弘
  54. 岡本永司

アクセス編集

参考文献編集

  1. 村磯良美(文京アカデミー)企画・編集 『護国寺とぶんきょう』文京アカデミー、2008年、 95頁。  

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『江戸東京学事典』(三省堂)護国寺の項
  2. ^ 岡本永司「護国寺の歴史について」pp9-10(『護国寺とぶんきょう』 (2008年)所収)。
  3. ^ 岡本永司「護国寺の歴史について」p11。
  4. ^ 岡本永司「護国寺の歴史について」pp11-12。高橋箒庵『茶道本山記』(1938年)。
  5. ^ 平成19年6月8日文部科学省告示第97号

関連項目編集

外部リンク編集