護雅夫

日本の歴史学者
画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年1月

護 雅夫(もり まさお、1921年大正10年)3月30日 - 1996年平成8年)12月23日)は、日本東洋学者歴史学者。専攻はトルコ民族史・内陸アジア史・トルコ学[1]東京大学名誉教授。勲二等瑞宝章受章。日本学士院会員

護 雅夫
(もり まさお)
人物情報
生誕 (1921-03-30) 1921年3月30日
日本の旗 日本滋賀県長浜町
死没 1996年12月23日(1996-12-23)(75歳)
学問
研究分野 東洋史内陸アジア史)
研究機関 北海道大学
東京大学
日本大学
東洋文庫
テンプレートを表示

経歴・人物編集

滋賀県長浜町(現長浜市)真宗大谷派一心寺に生まれる[2]。旧制県立虎姫中学校(現滋賀県立虎姫高等学校)、第三高等学校文科を経て、1941年東京帝国大学文学部東洋史学科入学。1943年9月に東京帝国大学東洋史学科を卒業。10月より同年末まで広島県江田島海軍兵学校で予備学生教育を受け、1944年より海兵教官として「国史」を担当した[3]

敗戦後の1945年より東京帝国大学大学院特別研究生。在学中は和田清榎一雄から指導を受けた。1948年より北海道大学法文学部助教授。1956年東京大学文学部助教授となり、かつて自身も在籍した講座を受け継いだ。1958年3月~1959年10月、トルコならびにドイツに留学。イスタンブル大学では日本史について講義した[4]1966年3月~5月、レニングラード大学客員教授。1968年、東京大学教授に昇進。1976年、トルコイスタンブル大学客員教授となり、トルコ民族史と古代テュルク語について講義を行った[5]1981年東京大学を定年退官した。

その後は1981年から1991年まで日本大学文理学部教授に就いた。1986年9月よりトルコ・アンカラ大学客員教授[6]

1992年日本学士院会員となる。また、トルコ科学アカデミー名誉会員となった。東洋文庫ユネスコ東アジア文化研究センター所長、史学会理事長、東方学会理事長(1985年1991年)、中近東文化センター理事長、古代オリエント博物館理事、日中文化交流協会常任理事、日本学術会議第13期会員などを歴任した。

晩年は神奈川県藤沢市に居住し、約6年におよぶ闘病生活の間も執筆活動は続けたが、1996年肺炎のため相模原市の病院で没した[2][7]。没後同日づけで正四位に叙せられる[1]

研究内容・業績編集

受賞・栄典編集

著書編集

単著編集

  • 『古代トルコ民族史研究』(全3巻) 山川出版社〈I・II・III〉。  [10]
    • 『古代トルコ民族史研究 I』1967:数度新版。ISBN 978-4634651609 
    • 『古代トルコ民族史研究 II』1992年。ISBN 978-4634650206 
    • 『古代トルコ民族史研究 III』別冊全85頁附(全3巻総索引+護雅夫著作目録)。1997年。ISBN 978-4634650107  [11]
  • 『遊牧騎馬民族国家―蒼き狼の子孫たち』(講談社現代新書, 1967年)
  • 『李陵』(中央公論社〈中公叢書〉, 1974年、新版1990年/中公文庫, 1992年)
  • 『古代遊牧帝国』(中公新書, 1976年)
  • 『人間の世界歴史(7) 草原とオアシスの人々』(三省堂, 1984年)

訳書編集

共著編集

編著編集

共編著編集

海軍兵学校編集

脚注・出典編集

  1. ^ a b c 著者略歴 1997.
  2. ^ a b c d 略年譜 2004.
  3. ^ 護 1984, pp. 118, 121.
  4. ^ 『古代トルコ民族史研究』著者略歴より
  5. ^ このときの講義内容が書籍化された:Prof. Dr. Masao Mori’nin Göktürkler Ders NotlarıProf.Dr.Gülçin Çandarlıoğlu編、Türk Dünyası Araştırmaları Vakfı、2019
  6. ^ トルコでの公的教育機関として最初に日本語教育が開始されたのが1986年のアンカラ大学言語歴史地理学部日本語日本文学科であり、トルコ史とともに日本語講師でもあった
  7. ^ 跋文 1997, p. 577.
  8. ^ 日本学士院 第60回(昭和45年5月29日)授賞一覧
  9. ^ 「秋の叙勲 勲三等以上および在外邦人、帰化邦人、在日外国人、外国人の受章者」『読売新聞』1991年11月3日朝刊
  10. ^ 遺著は『古代トルコ民族史研究 III』
    なお各・新書判は、多数重版
  11. ^ 編集全般担当は佐藤次高梅村担片山章雄:(序文に代えて 1996, p. 35 謝辞)・(跋文 1997, p. 578)
  12. ^ 原本(桃源社1979年版)の「附録 ポーランド人ベネディクト修道士の口述」は削除
  13. ^ 没後に見つかった翻訳原稿が林佳世子粕谷元新井政美による編集のうえ上梓。16編の小説(pp.7-198)に加え、「アズィズ・ネスィン、半生を語る」(pp.199-223)附:1987年、護のアンカラ滞在時に新聞掲載されたネスィンのインタビュー記事(「日曜閑話」ヒュッリエット紙、1987.3.1掲載)。解説:林佳世子(pp.224-229)
  14. ^ 第6、8、9、21、25、30巻
  15. ^ 海軍兵学校時代から敗戦を経、北海道大学教員に任じられるまでの5年間を回想(1943年10月-1948年9月)
  16. ^ 「三角形と蚯蚓」とは当時の兵学校校長 井上成美の講話から。阿川弘之著『井上成美』〈新潮文庫〉1992年7月 (ISBN 978-4101110141) pp.513-514 にも記されている

参考文献編集

外部リンク編集