メインメニューを開く

讃岐財田駅

日本の香川県三豊市にある四国旅客鉄道の駅

讃岐財田駅(さぬきさいだえき)は、香川県三豊市財田町財田上にある四国旅客鉄道(JR四国)土讃線である。駅番号D18。標高151.6 m[1]

讃岐財田駅
駅舎全体 (2010年(平成22年)5月25日)
駅舎全体
(2010年(平成22年)5月25日)
さぬきさいだ
Sanuki-Saida
D17 黒川 (2.3km)
(8.2km) 坪尻 D19
所在地 香川県三豊市財田町財田上7311番地
駅番号 D18
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 23.9km(多度津起点)
電報略号 サタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
30人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1923年(大正12年)5月21日
備考 無人駅
テンプレートを表示
入口(2007年3月)
構内(2008年8月14日)

三豊市財田地区唯一の駅だが、その中心部からは離れた丘陵上にあり、普通列車のみ停車する。地名の読みは「さい」だが駅名の読みは「さい」となっている。

目次

歴史編集

駅構造編集

単式・島式混合2面3線地上駅一線スルーである。半径604 mの曲線で3.3 ‰の勾配上に位置し[1]、駅舎側1番線が上下本線琴平駅方制限速度100km/h、阿波池田駅方制限速度85km/h)。2番線は下り副本線で上り方向の入線・出発は非対応。3番線が上下副本線。列車同士の行き違いと列車の追い抜きが可能である。

木造の駅舎も残るが、現在は無人駅となっている。地域住民による手入れがよくなされているせいか、待合室内には表彰状が多数飾られている。トイレは駅舎内に併設。汲み取り式ではあるが、箱入りのティッシュペーパーが置かれ,手洗用の蛇口もあるので、設備はよい。

駅舎の脇に香川県の保存木に指定されているタブの巨木がある[2]。この木の樹齢は700年とも800年ともいわれ[3]、土讃線の建設の際はこの木を避けるように線路が敷設された[4][5]

のりば編集

のりば 路線 方向 行先 備考
1 土讃線 上り 琴平多度津高松方面 通常はこのホーム
下り 阿波池田大歩危高知方面
2 土讃線 下り 阿波池田・大歩危・高知方面 主に行き違い時
3 土讃線 下り 阿波池田・大歩危・高知方面 主に通過列車待避時
上り 琴平・多度津・高松方面
 
讃岐財田駅構内

利用状況編集

1日平均の乗車人員は下記の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2008 47
2009 37
2010 40
2011 33
2012 38
2013 32
2014 30

駅周辺編集

隣の駅編集

四国旅客鉄道
土讃線
黒川駅 (D17) - 讃岐財田駅 (D18) - 坪尻駅 (D19)(※) - 箸蔵駅 (D20)
(※)一部の普通列車は坪尻駅に停車しない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『全国鉄道事情大研究 四国篇』110頁。
  2. ^ 香川の保存木 - 財田駅前のタブノキ - 香川県(香川の環境)、2015年11月25日閲覧。
  3. ^ 大きな木プロジェクト Vol.1 香川県財田・タブノキ - NPO法人瀬戸内オリーブ基金、2015年11月26日閲覧。
  4. ^ 樹齢800年のタブの木 - 三豊市観光協会、2015年11月25日閲覧。
  5. ^ 讃岐財田駅とタブの木 - ツバメ工業株式会社、2012年7月27日、2015年11月25日閲覧。

参考文献編集

  • 川島令三全国鉄道事情大研究 四国篇』草思社、2007年8月17日、103-134頁。ISBN 978-4-7942-1615-1

関連項目編集

外部リンク編集