讃美歌第二編

讃美歌第二編(さんびかだいにへん)は日本基督教団に選任された日本基督教団讃美歌委員会において編集され、1967年に出版された日本の讃美歌集である。「讃美歌」(1954年度版)などが、礼拝で用いられるのに対して、「讃美歌第二編」は幅広い領域で使用されることを目的としている。

目次

経緯編集

  • 1964年10月の日本基督教団第13回総会において、新しい性格の「讃美歌第二編」発行の議が起ったことを受けて、讃美歌委員会(藤田昌直山本尚忠江口忠八原恵賀川純基北村宗次小林望小笠原政敏奥田耕天相馬恵助)が選出され、教団常議員会の承認を受けて編纂に着手した。委員長は藤田昌直。最初の一年は、讃美歌の公募と基礎調査を行った。後の、一年半で、採用する歌の選定、翻訳、創作、修正を行った。最後の半年で、現行の浄写、編集、印刷などを行った。
  • 1966年第14回日本基督教団総会において、報告がなされ承認された。
  • 1967年秋 出版された。

特色編集

  • 教会の伝道集会、修養会、聖会、野外礼拝、祈祷会、青年会、壮年会、婦人会、教会学校教師会など、幅広いところでうたうことを目的としている。
  • 小規模の聖歌隊での使用に適した、合唱曲、独唱曲などを収録している。
  • 世界教会運動の要請に適した、東方教会やローマ教会の讃美歌などからも収録した。

趣旨編集

讃美歌はキリストに贖われた者の信仰の告白の歌であり、その意味では讃美歌はキリスト者だけのものであるが、証言のために世人たちの中でも歌われなければならないとしている。[1]

文語体と口語体編集

収録された259篇のうち外国語からの翻訳は212曲、日本語原作47篇。

文語体は225篇、口語体は34篇。口語体の採用が抑えられた理由の一つは、口語体が文語体に比較して平均15%多くの音節を必要とし、文語体を口語体にすると歌詞内容の制限が厳しくなるためである。[2]

脚注編集

  1. ^ 『讃美歌第二編』p.3
  2. ^ 『讃美歌第二編』p.7

参考文献編集

  • 『讃美歌第二編』

関連項目編集