メインメニューを開く

谷 三三五(たに ささご、1894年5月9日 - 1956年7月24日)は、岡山県和気郡伊里村(現在の備前市伊里)出身の日本の陸上競技選手(短距離)。旧姓・真殿。1924年のパリオリンピック代表選手。

谷三三五 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Sasago Tani
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
大学 明治大学
生年月日 1894年5月9日
出身地 岡山県和気郡伊里村(現・備前市
没年月日 1956年7月24日(1956-07-24)(62歳)
成績
オリンピック 100m 1次予選14組3着 (1924年)
200m準決勝3着(1924年)
自己ベスト
100m 10秒8 (1925年)
200m 22秒0 (1923年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

人物編集

伊里尋常高等小学校(現在の備前市立伊里小学校)を卒業、後に明治大学に進学[1]し、大学卒業後は鉄道省に入省した[2]

1917年の第5回日本陸上競技選手権大会男子100mで真殿三三五名義で出場し、12秒0で初優勝[3]。その後、日本選手権では第10回大会から第12回大会まで男子100m三連覇を果たしている[3]

1924年にはパリオリンピックの男子100mと200mに出場した[1]。1925年には日本オリンピック大会(大阪毎日新聞社主催)にて、日本人として初めて100mで11秒の壁を超える10秒8の日本記録を樹立した[1]

現役を引退した後は指導者となり、人見絹枝アムステルダムオリンピック陸上女子800m2位)、暁の超特急・吉岡隆徳を指導、後年には三重県陸上競技協会理事長などを務めた。

脚注編集

  1. ^ a b c “短距離の先駆者 谷三三五知って 4月8日、地元備前で記念大会”. 山陽新聞デジタル. 山陽新聞社. (2018年3月4日). http://www.sanyonews.jp/article/677832 2018年3月16日閲覧。 
  2. ^ 上谷浩一、谷三三五と極東選手権競技大会 『日本体育学会大会予稿集』 第63回(2012) セッションID: 01-24--15, doi:10.20693/jspehss.63.85_3
  3. ^ a b 過去の優勝者・記録(男子100m) (HTML)”. 第101回日本陸上競技選手権大会公式サイト. 2018年3月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集