メインメニューを開く

谷 乙猪(たに おとい、1858年安政5年) - 1889年明治22年)7月18日)は、江戸時代後期の土佐藩士

最年少の迅衝隊士谷重喜の弟。谷干城の養子。従五位

来歴編集

 
迅衝隊(前列左から伴権太夫板垣退助(中央)、谷乙猪(少年)、山地忠七。 中列、谷神兵衛谷干城(襟巻をして刀を持つ男性)、山田清廉吉本平之助祐雄。 後列、片岡健吉真辺正精、西山榮、北村重頼、別府彦九郎)

1858年安政5年)、土佐藩上士・谷重昌(神佐衛門)の三男として、土佐国(現 高知県)に生まれる。実長兄は谷重喜、実次兄は谷重中。

1868年慶応4年1月)、最年少の11歳(満10歳)にして、志願して兄谷重喜らと共に土佐藩迅衝隊に加わり、戊辰戦争に従軍する。板垣退助ら迅衝隊の幹部たちと一緒に撮った幕末の写真が有名(乙猪は退助の膝に抱かれ、拳銃を持ったポーズで写っている)。

1870年2月27日明治3年1月27日)、土佐藩主・山内豊範の時代、東京で学問修行を仰せ付けられ、さらに洋行を仰せ付けられ、ノテレス船の御船便次第、出立するよう命ぜられる。同年4月6日(旧暦3月6日)、来たる27日より浦戸通より乗船仰せ付けられる。

同年7月13日(旧暦6月15日)、谷家(谷秦山流 )の分家で、谷景井(萬七)家の第2代目にあたる谷干城の養子となる。のち従五位に叙せられる。

薩摩藩士村田経芳男爵村田銃の開発者)の長女(愛子)と婚姻する。

1881年(明治14年)8月1日、嫡男谷儀一が生まれる。

1889年(明治22年)7月18日逝去。享年32。墓は高知の久万山の谷家代々墓地(所在地 高知県高知市中久万)にある。

栄典編集

家族編集

  • 養父:谷干城
  • 養母:国澤七郎右衛門通辰の二女(玖満子)
    • 本人:谷乙猪
    • 妻:村田経芳男爵の長女(愛子)
      • 嫡男:谷儀一(陸軍少将)
        • 孫:谷武夫
      • 二男:谷守人
        • 孫:谷重城
      • 長女:谷松子
    • 義弟:谷猛熊(干城の実子)
    • 義妹:谷芳子(干城の実娘)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第382号「賞勲叙任」1884年10月4日。

参考文献編集

関連項目編集