メインメニューを開く

谷保 恵美(たにほ えみ、1966年5月11日[1][2] - )は、千葉ロッテマリーンズスタジアムアナウンサーウグイス嬢)。帯広市観光大使北海道帯広市出身[1]

たにほ えみ
谷保 恵美
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 北海道帯広市
生年月日 (1966-05-11) 1966年5月11日(53歳)
最終学歴 札幌大学女子短期大学部
所属事務所 千葉ロッテマリーンズ
職歴 ロッテオリオンズ経理担当(1990年)
ロッテオリオンズ→千葉ロッテマリーンズ二軍球場内担当アナウンサー(1991年 - 1993年)
千葉ロッテマリーンズ一軍球場内担当アナウンサー(1994年 - )
活動期間 1991年 -
ジャンル スポーツ
担当番組・活動
その他 2002年より、帯広市観光大使

経歴編集

1985年北海道帯広三条高等学校を卒業[3]。高校時代は父が監督の野球部でマネージャーを務めていた。その後札幌大学女子短期大学部に進学し経営学科経営管理専攻を卒業。短大時代も札幌大学野球部のマネージャーを務めた[4]

“野球に関わる仕事がしたい”と場内アナウンス担当の求人を探し続け、1990年に当時のロッテオリオンズ(1992年より千葉ロッテマリーンズ)へ経理担当で入社[5]。その後は球団事業本部広報部所属。1991年二軍本拠地のロッテ浦和球場で空席が出来たためアナウンス業務を任され、同年8月9日の対日本ハムファイターズ戦(川崎球場)で初めて一軍のアナウンスを担当[6]1994年からは一軍本拠地千葉マリンスタジアム[7]ホームゲームの際にウグイス嬢を務める[5][8]。1996年10月1日の対近鉄バファローズ25回戦から連続試合担当しており[6]2018年5月18日の千葉ロッテマリーンズ対福岡ソフトバンクホークス5回戦では一軍公式戦1700試合アナウンス担当、同年6月1日の千葉ロッテマリーンズ対広島東洋カープ1回戦においてはロッテ主催一軍公式戦1500試合連続アナウンス担当を達成した[9][10]。2019年7月30日の千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バファローズ13回戦の5回終了(試合成立)時点で公式戦通算1800試合アナウンス担当を達成した[6][11]

一方で、2002年からは故郷帯広市の観光大使も務めている[1]

エピソード編集

語尾が伸びるアナウンスに特徴があり、特にサブロー[12]をアナウンスする際にそれが際立つ。報道ステーションのスポーツコーナーで、ロッテ戦の結果の前ふりとして球場のロッテファンがサブローの際のアナウンスを真似るというVTRが流れたことがある。本人曰く、「サブローの場合、どこで止めるべきか分からないので、結果として長音が伸びてしまう」他、「普通にアナウンスすると、暗くなってしまう」らしい為、現在のようなスタイルに落ち着いた[2]。このアナウンスはサブローの引退に伴い、2016年シーズンで消滅することになる。2017年シーズンからは、新人の佐々木千隼の際に語尾を伸ばしている(ささきちはやーーーとアナウンスしている)。

2018年の夏には、ロッテアイスクーリッシュ『世界クゥーリッシュ選手権』CMに出演。ZOZOマリンスタジアムのアナウンスブースで撮影を行い、顔出しで商品名を独特の語調で読み上げている。2019年にはマリーンズ球団公式ファンクラブ“TEAM 26”のゴールド会員入会特典で進呈される目覚まし時計に、井口資仁監督、福浦和也選手とともに、「朝になりました、おはよー」と呼びかける声が収録された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 外部リンク(「十勝毎日新聞」2008年11月11日付ウェブ記事)参照。[リンク切れ]
  2. ^ a b ロッテファンおなじみ「サブロ~~~~~!」誕生秘話 東京スポーツ2016年5月15日
  3. ^ 『平成17年版 帯広三条高等学校常磐同窓会会員名簿』 北海道帯広三条高等学校常磐同窓会名簿発刊委員会、2005年10月10日、480頁
  4. ^ 札幌大学校友会会報第43号 (PDF) 札幌大学校友会2009年5月20日
  5. ^ a b 日本経済新聞文化欄2011年6月23日
  6. ^ a b c ロッテ名物ウグイス嬢1800試合到達「こんなに幸せを感じた日はありません」”. デイリースポーツ(2019年7月30日作成). 2019年7月30日閲覧。
  7. ^ 2018年時点での名称はZOZOマリンスタジアム。
  8. ^ 『ひと―千葉マリン球場で放送担当・谷保恵美さん 15年休まずに1人で担当』朝日新聞千葉版2009年5月29日
  9. ^ ロッテ谷保恵美さん1軍場内アナウンス1700試合 日刊スポーツ2018年5月18日
  10. ^ ロッテ谷保さん、場内アナウンス1500試合連続担当「本当に嬉しく思います」 Full-Count2018年6月1日
  11. ^ ロッテ場内アナウンスの谷保さん、担当1800試合到達「こんなに幸せを感じた日はありません」”. サンケイスポーツ(2019年7月30日作成). 2019年7月30日閲覧。
  12. ^ 2011年途中で巨人に移籍、同年オフにロッテ復帰、2016年引退

関連項目編集

外部リンク編集