谷口 幸男(たにぐち ゆきお、1929年7月9日[1] - 2021年4月3日)は、日本の文学者文学研究者、民俗学者翻訳家広島大学名誉教授。専門はドイツ文学および北欧文学。

谷口 幸男
(たにぐち ゆきお)
誕生 谷口 幸男
(たにぐち ゆきお)
(1929-07-09) 1929年7月9日
日本の旗 日本
死没 (2021-04-03) 2021年4月3日(91歳没)
兵庫県三田市
職業 文学者
民俗学者
翻訳家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学士
最終学歴 東京大学文学部独文科卒業
活動期間 1973年 -
ジャンル 翻訳
批評
主題 北欧
北欧史
北欧神話
ノース人
ドイツ人
アイスランド人
代表作エッダ - 古代北欧歌謡集』(翻訳)
『アイスランド サガ』(翻訳)
ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史』(翻訳)
『エッダとサガ - 北欧古典への案内』
『ゲルマンの民俗』など
主な受賞歴 ドイツ語学文学振興会奨励賞(1963年
日本翻訳家協会日本翻訳文化賞1973年
アイスランド政府鷹勳章(1990年
デビュー作エッダ - 古代北欧歌謡集』(翻訳)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

1953年東京大学文学部独文科を卒業し、同年秋田大学学芸学部助手に採用される。1955年以降神戸大学文学部助手、講師を経て助教授に昇任する。その間、ドイツ学術交流会(DAAD)の奨学金によりミュンヘン大学に留学する。1963年広島大学文学部に転任となり助教授を経て教授に就任する。1980年に「アイスランド・サガ」その他の北欧古代文学の訳業により第18回藤村記念歴程賞を受賞する。1989年に広島大学を退官し、名誉教授の称号を与えられる。同年大阪学院大学国際学部教授に就任し、2003年に同大学を退職する。2021年4月3日7時37分、兵庫県三田市の病院で死去する[2]。91歳没。死没日をもって、従四位に叙される[3]

著書編集

単著編集

  • 『エッダとサガ - 北欧古典への案内』新潮選書、1976年、新装改版2017年
  • 『現代に生きるグリム』岩波書店、1985年
  • 『ゲルマンの民俗』渓水社、1987年
  • 『図説・ドイツ民俗学小辞典』同学社、2000年

共著編集

  • 福嶋正純・福居和彦共著『ヨーロッパの森から - ドイツ民俗誌』日本放送出版協会〈NHKブックス〉、1981年
  • 遠藤紀勝共著『仮面と祝祭 - ヨーロッパの祭にみる死と再生』三省堂、1982年
  • 飯野和好共著『魔法のつぼ - 北欧の昔ばなし (世界の昔ばなし)』小峰書店、1983年
  • 遠藤紀勝共著『ヴァイキングの世界』新潮社、1986年
  • 遠藤紀勝共著『図説 ヨーロッパの祭り』河出書房新社〈ふくろうの本〉、1998年

翻訳編集

受賞編集

  • ドイツ語学文学振興会奨励賞(1963年)
  • 日本翻訳家協会日本翻訳文化賞(1973年)
  • アイスランド政府鷹勳章(1990年)[4]

所属学会編集

  • 日本独文学会
  • 日本ゲーテ協会( - 1986年)
  • 広島日独協会(1964年 -)
  • 広島独文学会(1980年 - 1986年)
  • 日本アイスランド研究会(1981年 - 1986年)[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 谷口幸男氏死去 - 山陰中央新報デジタル 2021年4月5日
  3. ^ 『官報』第491号10頁 令和3年5月14日号
  4. ^ ReaD「谷口幸男」
  5. ^ 大阪学院大学「谷口幸男教授 退職記念講義」

参考サイト編集

備考編集