メインメニューを開く

谷口 彰悟(たにぐち しょうご、1991年7月15日 - )は、熊本県熊本市出身のプロサッカー選手Jリーグ川崎フロンターレ所属。ポジションは、ミッドフィールダーディフェンダー。元日本代表。

谷口 彰悟 Football pictogram.svg
名前
愛称 ショーゴ 鉄人
カタカナ タニグチ ショウゴ
ラテン文字 TANIGUCHI Shogo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-07-15) 1991年7月15日(28歳)
出身地 熊本県熊本市
身長 183cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション MF / DF
背番号 5
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014- 川崎フロンターレ 166 (14)
代表歴2
2015-2017 日本の旗 日本 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
2. 2017年12月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

プロ入り前編集

2010年大津高校を経て筑波大学へ進学。1年時からレギュラーに定着し、大型ボランチとして活躍[1]。4年時は主将を務めた[2]。在学中の2013年8月、川崎フロンターレ特別指定選手として選手登録[3]。また、2011年と2013年には2大会連続でユニバーシアード日本代表としてユニバーシアードに出場し、2011年は金メダル獲得に貢献した。

川崎フロンターレ編集

複数クラブとの競合の末、2014年に川崎へ正式に入団[4][5]。プロデビュー戦はそれまで経験のなかった左SBで迎え、以降スタメンとして名を連ねた。またセンターバックとしてもプレーし、ルーキーながら複数のポジションをこなすユーティリティ性を見せた。

2015年3月、日本代表のバックアップメンバーに初選出(正式選出はでない)。5月12日・13日に行われるサッカー日本代表の合宿メンバーに選ばれ、6月11日のイラク戦の日本代表初出場を果たした。また、このシーズンはチームで唯一全試合フル出場を果たした。

2016年は新加入の奈良竜樹エドゥアルドの活躍もあり、スタメンから外れる試合もあった。前年から続いてた連続フル出場は途絶えたものの、シーズン途中に奈良が負傷離脱した事もあり再びスタメンで出場するようになった。12月29日、天皇杯・準決勝の大宮アルディージャ戦では決勝ゴールを挙げ、クラブ史上初の同大会決勝進出に貢献した。

2017年3月5日、第2節のサガン鳥栖戦で通算100試合に出場を達成。リーグ戦では過密日程の中、チームで唯一全試合にフル出場し、クラブ史上初タイトルとなるリーグ優勝に貢献した。年間を通してセンターバックとして出場したが、リーグ戦では7得点をマークした。

人物編集

  • 1歳年下の幼馴染である車屋紳太郎とは、小学校、中学校、高校、大学が全て同じで、プロでの契約先も同じ川崎、更に日本代表候補にも同時に初選出と、全く同じ道のりを歩んでいる[6]
  • 筑波大学在学中、保健体育の教員免許を取得している。

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 大津高 14 - - - 2 1 2 1
2011 筑波大 3 - - 2 0 2 0
2012 - - 2 0 2 0
2013 - - 2 1 2 1
2014 川崎 15 J1 30 1 4 0 1 0 35 1
2015 5 34 2 6 0 3 0 43 2
2016 34 1 6 2 5 1 45 4
2017 34 7 4 0 1 0 39 7
2018 34 3 2 0 3 1 39 4
2019
通算 日本 J1 166 14 22 2 13 2 201 18
日本 - - 8 2 8 2
総通算 166 14 22 2 21 4 209 20
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2014 川崎 15 5 0
2017 5 8 1
2018 4 0
2019 6 1
通算 AFC 23 2

タイトル編集

クラブ編集

川崎フロンターレ

代表編集

ユニバーシアード日本代表

個人編集

代表歴編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集