メインメニューを開く

谷口 登司夫(たにぐち としお、 - 2014年2月24日[1])は、日本編集技師日本映画・テレビ編集協会(J.S.E.)所属[2]

姉が大映京都撮影所で経理の仕事をしており、その縁で撮影所に子供の頃から出入りし、子役として『手をつなぐ子等』(稲垣浩監督、1948年)や『山猫令嬢』(森一生監督、1948年)などの映画に出演した。高校の頃、友人と共に撮影所を見学しに行ったところ、顔なじみの社員に声をかけられて大映に入社することとなり、最初の1年ほどは照明部門に配属された。その後編集部門に移る[3]

主な編集作品編集

映画編集

座頭市シリーズ


子連れ狼シリーズ


テレビドラマ編集

受賞歴編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集