谷垣 専一(たにがき せんいち、1912年(明治45年)1月18日[1] - 1983年(昭和58年)6月27日)は、日本政治家従三位勲一等文部大臣。妻は陸軍中将影佐禎昭の長女安紀。前自由民主党総裁谷垣禎一は長男。

谷垣専一
たにがき せんいち
Sen'ichi Tanigaki 1979.jpg
生年月日 1912年1月18日
出生地 京都府福知山市
没年月日 (1983-06-27) 1983年6月27日(71歳没)
出身校 東京帝国大学
(現・東京大学
前職 国家公務員農林省
所属政党 自由民主党
称号 従三位
勲一等瑞宝章
配偶者 妻・谷垣安紀
親族 長男・谷垣禎一

日本の旗 第100代 文部大臣
内閣 第2次大平内閣
在任期間 1979年11月9日 - 1980年7月17日

選挙区 京都府第2区
当選回数 8回
在任期間 1960年11月21日 - 1983年6月27日
テンプレートを表示

来歴・人物編集

京都府福知山市造り酒屋谷垣松次郎の五男として生まれた。三高東京帝国大学法学部法律学科を卒業後、1936年農林省入省。

退官後、農林中央金庫監事を務めたが[1]1960年芦田均の地盤を引き継いで自由民主党公認で京都2区から第29回衆議院議員総選挙に出馬し当選、吉田茂の流れを汲む宏池会に所属した(当選同期に宇野宗佑海部俊樹仮谷忠男細田吉蔵小沢辰男佐々木義武田沢吉郎伊藤宗一郎久保田円次田川誠一渋谷直蔵藤井勝志など)。その後、衆院選には8回の当選を重ねた。この間、建設政務次官、厚生政務次官、自由民主党副幹事長を歴任。1976年の衆院選で落選も、1979年1月の衆院補選で復帰。その後文部大臣第2次大平内閣)となった。

宏池会では宮沢喜一を支える七奉行の一人であった。1983年5月引退を表明し療養していたが[1]1983年6月27日、71歳で死去。同年の衆議院議員補欠選挙では、息子の禎一が地盤を承継して出馬、当選を果たしている。


脚注編集

  1. ^ a b c 明治~昭和, 新訂 政治家人名事典. “谷垣 専一(タニガキ センイチ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年2月16日閲覧。