メインメニューを開く

谷崎 精二 (たにざき せいじ、1890年12月19日 - 1971年12月14日)は、日本の英文学者小説家。早稲田大学教授[1][2]。小説家谷崎潤一郎の弟。

目次

来歴・人物編集

東京市日本橋区蛎殻町出身[3]。谷崎倉五郎の二男[1][3][4]。生家は母方の祖父が事業に成功したため、当初は裕福だったが、父が事業に失敗し、次第に零落、兄潤一郎は家庭教師をして糊口を凌いだが、精二は阪本尋常小学校高等科を経て工手学校(現在の工学院大学)に通った。卒業後は通信技手をしていたが、しかし兄の影響もあって文学を志し、国民英学会正則予備校に通い、1909年早稲田大学高等予科英文科入学、同期に広津和郎があり、坪内逍遥相馬御風島村抱月らの指導を受けた。

1912年大正元年)、広津、相馬泰三葛西善蔵らが同人誌『奇蹟』を創刊し、少し遅れて参加、創作を発表。

1913年、早稲田大学英文科を卒業[3][4]萬朝報編輯局勤務[3]。創作に従事[4]。「早稲田文学」を中心に、私小説風の作風や恋愛を題材とする小説を発表し続ける。また英文学者として、英文学のみならずロシア文学も英訳から重訳していた。片上天絃に推薦され早大講師となる[3]1921年、助教授、のち教授となる[3][4]。早稲田文学主幹を兼ねる[1]。昭和初年、創作家としてあまり評価されないことから、創作を半ば断念する。

1941年(昭和16年)『ポオ小説全集』全6巻を刊行。早稲田大学文学部には片上派と吉江喬松派の対立があり、谷崎は吉江派の西條八十会津八一らを追い落とし、1946年、文学部長になったとされる(筒井清忠『西條八十』)。51年、文学博士号を授与される。

エピソード編集

  • 若い頃は兄に創作について相談もしたが、次第に疎遠になり、1933年昭和8年)、弟妹たちの世話のことで喧嘩し絶交する。その6年後に清二の最初の妻が急死した時、新聞でそれを知った潤一郎が葬儀に現れたことをきっかけに、ある程度関係修復の兆しを見せるようになっていったが、最後まで心底から打ち解けることはなかった。
  • 文豪の弟ながらほとんど研究されていないが、細江光の『谷崎潤一郎』では、その私小説が潤一郎の弟妹に関する資料として参照されている。
  • 趣味は旅行[1][2][3][4]

家族・親族編集

谷崎家

東京都中央区日本橋人形町、世田谷区世田谷[2]

1896年 -
1906年 -
1917年 -
1921年 -
1923年 -
ドイツ文学専攻で戦後、早稲田大学商学部教授。
保田與重郎に師事し、保田の伝記を著している。

著作編集

  • ゲエテ物語 実業之日本社、1914
  • 離合(阿蘭陀書房、1917年)
  • 生と死の愛 新潮社, 1917
  • 蒼き夜と空 春陽堂, 1917
  • ドストヱーフスキー評伝 春陽堂, 1919
  • 結婚期 新潮社, 1919
  • 地に頬つけて(天佑社、1919年)
  • 静かなる世界 聚英閣, 1920
  • 別宴 アルス, 1920
  • 水のほとり 隆文館, 1921
  • 恋愛模索者 新潮社, 1921
  • 明暗の街 新潮社, 1922
  • ある姉妹 アルス, 1922
  • 歓楽の門 新潮社, 1924
  • 美しき人 高陽社, 1924
  • 大空の下 ヱルノス, 1925
  • 火を恋ふ 新潮社, 1926
  • 現代長篇小説全集 第22 小山内薫・谷崎精二篇 新潮社, 1929
  • 街の旋風 楽園書房, 1934
  • 文学の諸問題 日月書院, 1938
  • 都市風景 砂子屋書房, 1939
  • 失はれた愛 牧野書店, 1941
  • 青春岐路 南方書院, 1941
  • 展け行く路 南方書院, 1943
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ 南方書院, 1942
  • 火を恋う 新星社, 1946
  • 小説の鑑賞と作法 新星社, 1947
  • 悲しき愛情 東方社, 1947
  • さらば故郷 東方社, 1948
  • 世界名作大観 英米篇 労働文化社, 1948
  • 英文学作家論 文治書院, 1948
  • 小説形態の研究 大日本雄弁会講談社, 1951
  • 都会の情熱 東方社, 1955
  • 放浪の作家 葛西善蔵評伝 現代社, 1955
  • 教壇生活三十年 東方社, 1955
  • 小説の形態 三省堂, 1957
  • 谷崎精二選集 校倉書房, 1960
  • エドガア・ポオ 研究社出版, 1967
  • 明治の日本橋・潤一郎の手紙 新樹社, 1967
  • 葛西善蔵と広津和郎 春秋社, 1972

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『人事興信録 第14版 下』タ238頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 『人事興信録 第15版 下』タ73頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』541頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第13版 下』タ242頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月24日閲覧。

参考文献編集

  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録 昭和15年版』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。