谷川 直子(たにがわ なおこ、1960年 - )は、日本小説家エッセイスト

略歴編集

1960年、兵庫県神戸市出身。筑波大学第二学群比較文化学類を卒業後、雑誌編集者として働く[1]

1985年に作家高橋源一郎と結婚し、90年代に高橋直子名義で『競馬の国のアリス』などの主として競馬やファッションに関するエッセーを発表[2]。1999年に離婚、「夫に離婚を言い渡されたタカハシさんの奥さん」を主人公とする小説『アイ・ラヴ・エース!』を発表する。

2005年1月に大学の同級生と再婚し、同年6月から長崎県五島市在住[1]

2012年8月29日、「おしかくさま」で第49回文藝賞を受賞したことが発表された。これは同賞の女性として最年長での受賞である[3]。なお、同賞の選考委員の一人は高橋源一郎であった[4]が、受賞作を決定する投票は棄権した[5]。 文藝賞受賞第一作「断貧サロン」が文藝2014年夏号で発表され、同年、河出書房新社から単行本が発行された。 さらに文藝2015年春号において、第三作「四月は少しつめたくて」を発表。同年4月河出書房新社から単行本が発行され、第32回織田作之助賞候補となった。文藝2016年秋号で、第四作「世界一ありふれた答え」が発表され、同年10月河出書房新社から単行本が発行された。2018年8月、第五作目の「私が誰かわかりますか」が、朝日新聞出版から書き下ろし単行本として発表された。同作は著者初の地方を舞台とした三人称小説である。

作品編集

エッセイ編集

(すべて高橋直子名義)

  • 『競馬の国のアリス』(1991年、筑摩書房)のち文庫 
  • 『芦毛のアン』(1992年、筑摩書房)のち文庫 
  • 『パドックのシンデレラ』(1993年、筑摩書房)
  • 『お洋服はうれしい』(1994年、朝日新聞社
  • 『注文の多い競馬場』(1995年、筑摩書房)
  • 『猫はわかってくれない』(1997年、マガジンハウス
  • 『お洋服のちから』(2002年、朝日新聞社)

小説編集

  • 『アイ・ラヴ・エース!』(1999年、朝日新聞社)高橋直子名義
  • 『おしかくさま』(2012年、河出書房新社)のち文庫 
  • 『断貧サロン』(2014年、河出書房新社
  • 『四月は少しつめたくて』(2015年、河出書房新社)
  • 『世界一ありふれた答え』(2016年、河出書房新社)
  • 『私が誰かわかりますか』(2018年、朝日新聞出版)

ノンフィクション編集

  • 『ステイゴールド物語 - 遙かなる黄金旅程』(2002年、イーストプレス)高橋直子名義

脚注編集

  1. ^ a b プロフィール 谷川直子の日記
  2. ^ 文芸賞に谷川直子さん「おしかくさま」 授賞式は10月下旬 MSN産経ニュース、2012年8月29日
  3. ^ 文芸賞に谷川直子さん 時事ドットコム、2012年8月29日
  4. ^ 第49回 文藝賞受賞作、決定! 河出書房新社、2012年8月30日
  5. ^ 全国書店新聞 12月1日号記事 文藝賞” (日本語). 本屋さんへ行こう!. 日本書店商業組合連合会 (2012年12月). 2013年1月8日閲覧。

外部リンク編集