メインメニューを開く

谷村 昌武(たにむら まさたけ、天保13年正月18日1842年2月27日) - 明治2年6月7日1869年7月15日))は、幕末薩摩藩士。薩摩藩士谷村昌徳の子、母は松方氏。通称・愛之助、小吉。

生地は鹿児島城下の高田馬場とも、大島笠利間切前肥田とも言う。

嘉永5年(1852年)島津斉彬の小姓、のち奥小姓となる。斉彬が没し、島津茂久が襲封するとその側近となり、小納戸見習などを務める。安政6年(1859年大久保一蔵らの脱藩計画を知り、それを阻むために茂久へ報告。それが後見の島津久光へと伝わり「誠忠士面々へ」の諭告書が下され、大久保らを引き止める事に成功する。また文久2年(1862年沖永良部島に流されていた西郷吉之助の赦免を嘆願している。その後も久光の公武合体政策を支え、慶応2年(1866年)藩の海軍所が設立された際には、その創立に尽力した。慶応3年(1867年)西郷吉之助の倒幕論を支持して藩論を倒幕へ転換させる事となる。明治政府では軍鑑「富士山」「武蔵」の艦長を歴任するが、明治2年(1869年)箱館出征の準備中に没した。

正五位。墓所は東京都杉並区大円寺

登場作品編集

テレビドラマ