メインメニューを開く

谷津 龍太郎(やつ りゅうたろう、1952年 - )は、日本の環境官僚環境省顧問。環境事務次官等を歴任。

経歴編集

1952年11月2日群馬県太田市生まれ。県立太田高等学校を経て、1976年3月東北大学工学部土木工学科卒業。

1999年3月東北大学大学院工学研究科土木工学博士課程修了、工学博士

1976年4月環境庁入庁後、環境庁大気保全局、厚生省水道整備課等を経て、1995年平成7年環境庁企画調整局環境計画課計画官。

その後、環境庁地球環境部地球温暖化対策推進室長、厚生労働省水道課長、環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課長、大臣官房政策評価広報課長、大臣官房審議官(地球環境局担当)、廃棄物・リサイクル対策部長、大臣官房長、地球環境審議官を経て、2013年(平成25年)7月より、環境事務次官。2014年(平成26年)7月より、環境省顧問。2014年 (平成26年) 12月より、日本環境安全事業株式会社代表取締役副社長、2015年 (平成27年) 6月より、中間貯蔵・環境安全事業株式会社代表取締役社長。

地球サミット1992年)、地球温暖化防止京都会議1997年)、G8環境大臣会合(2008年)、UNFCC/COP182012年)などの国際交渉に参画。

なお、環境省のプロパー職員で初めての技術系職員出身の事務次官である。

脚注編集


先代:
南川秀樹
環境事務次官
2013年 - 2014年
次代:
鈴木正規
先代:
寺田達志
地球環境審議官
2012年 - 2013年
次代:
白石順一