メインメニューを開く
主要カテゴリ > 技術社会歴史 > 交通 > テーマ史技術史交通史 > 各国の交通史 > 日本の交通史 > 街道 > 谷街道
谷街道起点・稲荷山宿
(稲荷山郵便局

谷街道(たにかいどう)とは、信濃国稲荷山(長野県千曲市)を起点として、千曲川東岸を北上して信濃国飯山(長野県飯山市)に至る街道。江戸時代の宿駅制度の街道、往来ではないため、宿駅も定まっていない。

概要編集

北国西街道最大の宿場町稲荷山宿から分岐して千曲川を渡り、対岸の北国街道屋代宿から松代藩須坂藩天領(小布施・中野)を経由して飯山藩に至り、越後へと向かう十日町街道に合流する。屋代宿から川田宿までは北国街道の脇道である松代道と重なる。

現在、千曲市(稲荷山)から中野市までは国道403号が踏襲しており、旧稲荷山宿にある起点の標識(稲荷山郵便局前)には、「しなの浪漫街道」と表記されている。

代表的な宿駅編集