メインメニューを開く

谷衛滋

谷 衛滋(たに もりしげ)は、丹波山家藩の第13代(最後)の藩主。

 
谷 衛滋
時代 江戸時代後期から明治時代
生誕 文化14年2月2日1817年3月19日
死没 明治8年(1875年4月6日
官位 従五位下大膳亮
幕府 江戸幕府
主君 徳川家定家茂慶喜
丹波山家藩
氏族 府中松平氏谷氏
父母 父:松平頼説
養父:谷衛弼
兄弟 松平頼縄中山信守松平頼功有馬広衆衛滋知久頼匡、信(水戸支流松平頼誠正室)、娘(松平頼善室のち畠山義宣継々々室)、娘(本堂親道正室のち鈴木重矩室)
正室谷衛昉の娘(衛弼の養女)
寿衛(長男)、娘(島智雄養女)、娘(山口某室)、娘(本多某室)
庶子(諸説あり):大関増勤

生涯編集

常陸府中藩松平頼説の5男。安政2年(1854年)12月28日、山家藩主谷衛弼の死去に際し、末期養子として家督を相続する。安政4年12月15日、従五位下大膳正に叙任する。慶応4年(1868年)1月19日、上洛し、1月25日、明治天皇に拝謁する。西園寺公望が指揮する山陰道鎮撫軍に恭順した。明治2年(1869年)6月23日、版籍奉還藩知事に就任した。明治4年(1871年)7月15日、廃藩置県で免官となる。

明治7年(1875年)4月6日、59歳で死去した。