メインメニューを開く

豆板銀(まめいたぎん)は、江戸時代丁銀に対する少額貨幣として流通した銀貨であり秤量貨幣の一種。小粒銀(こつぶぎん)、小玉銀(こだまぎん)とも呼ばれる。当時、銀座において用いられた正式名称は「小玉銀」であり[1][2][注釈 1]、『三貨図彙』にもこの名称で記述されている[3]。一方、好事家による書である『金銀図録』および『大日本貨幣史』などの古銭書には「豆板銀」という名称で収録されている。

貨幣史研究が進んでいない段階の収集界の研究成果をそのまま拝借した日本の高等学校の日本史の教科書などでは「豆板銀」の名称が用いられ広く定着してきたが、江戸時代の幕府や銀座関係の文書ではこの名称は見えず、これら公文書などに記述されている「小玉銀」の名称に戻すべきであるとする意見がある[4]

概要編集

形状は小粒の銀塊で、その名の通り豆のような形をしたものが多いが、変形したものも見られる。重量は不定だが、大半が10(37.3グラム[注釈 2])程度以下(標準的なものは5~7グラム程度)の秤量銀貨で、実際には10匁を超える大型のものから何分何厘程度のものまで大小種々あるが、そのようなものは稀である[5][6]。豆板銀の中で特に小粒のもの(0.1~0.3匁程度。現代の古銭収集界では1グラム以下のものと定義している)は露銀(つゆぎん)と呼ばれ、僅かな目方の調整に用いられた[7][8]

表面には「常是」および「寳」に加えて慶長享保銀以外には「元・宝・永・文・保・政」と年代つまり銀品位を現す文字極印が打たれた。二ツ宝銀三ツ宝銀四ツ宝銀は丁銀では宝字極印の数および書体で区別されるが、豆板銀では宝字の書体で区別される[9]。宝永の四品の豆板銀には丁銀同様「常是」の極印は見られない[8][10]

また片面ないし両面に大黒像の極印が丁寧に打たれたものが存在し、恩賞および贈答用とされる[11][12]。年代印は、大黒の腹部や、大黒および「寳」文字の周囲(「廻り文」「廻り保」など)に打たれたり、小さい文字の集合の形(群打ち。「群文」「群保」など)で打たれたり、大きく1文字(大字打ち。「大字文」「大字保」など)で打たれたりした。片面大黒(片面打ちで大黒像が70%以上識別できるもの)や両面打ちは他のものより存在が少ないことから現代の古銭市場では高値で取引されている[13]

それ自体を取引に利用するほか、丁銀に対する小額貨幣として補助的な役割をもつ。例えば、小型の丁銀に豆板銀を加えて重量を43匁(銀一枚、約160.4グラム[注釈 2])にあわせ、紙に包んで封印し、まとめて使用する事も行われた。これを包銀という[14]

丁銀は包銀の形で大口取引に使用されることが多く日常生活で使用するには高額過ぎ、裸で使用されることはほとんどなかったが、豆板銀については持ち運び可能な銀秤(ぎんばかり)により随時秤量しての支払いが可能であり、また現金を銭緡(ぜにさし)で持ち歩くよりも携帯に便利で、適宜両替屋に替えて使用するなど、重宝された[15][16][17]。また、町奉行や代官が町人・百姓を褒賞する場合、熨斗紙の中央に銀貨をニカワで貼付けて包封し下賜された[12]

元和6年(1620年)頃に鋳造された慶長豆板銀に始まり、安政6年(1859年)の安政豆板銀まで常に丁銀と同じ銀品位で鋳造され、江戸時代を通じて発行された[7][18]慶応4年(1868年)の銀目廃止で丁銀ともども通用停止となった[19][20][21]

種類編集

括弧内は発行年、含有率(規定)。鋳造量は丁銀に含まれる[22][23][24][25]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 銀座御用留』・『銀座万覚書(上)』・『銀座万覚書(下)』のような銀座関連文書の翻刻版もある。
  2. ^ a b 1匁=3.75グラムとメートル法に基づいて規定されたのは明治24年(1891年)の度量衡法以降であり、江戸時代は幕末期を除き、代の1銭に等しい1匁=3.73グラム程度であったと推定される。(岩田重雄,「近世における質量標準の変化」『計量史研究』, 日本計量史学会, 1979年, 5-9.)(花野韶「貨幣から見た匁の変遷」2008年)
  3. ^ 『旧貨幣表』および『徳川氏貨幣一覧表』は13%と記すが(田谷博吉, 1973年, 江戸時代貨幣表の再検討, 社会経済史学, 39巻, 3号, p.261-279, doi:10.20624/sehs.39.3_261, 社会経済史学会)(三井(1933), p777-801.)、田谷(1963), p443.に記された銀座関係文書による品位表記である八割四分六厘引ヶに基づくならば14%である。 (1-0.846)/1.1=0.14 )

出典編集

参考文献編集

  • 青山礼志『新訂 貨幣手帳・日本コインの歴史と収集ガイド』ボナンザ、1982年。
  • 久光重平『日本貨幣物語』毎日新聞社、1976年、初版。ASIN B000J9VAPQ
  • 石原幸一郎『日本貨幣収集事典』原点社]、2003年。
  • 小葉田淳『日本の貨幣』至文堂、1958年。
  • 草間直方『三貨図彙』、1815年。
  • 三上隆三『江戸の貨幣物語』東洋経済新報社、1996年。ISBN 978-4-492-37082-7
  • 『新編両替年代記関鍵 巻一資料編』三井高維編、岩波書店、1933年。
  • 瀧澤武雄,西脇康『日本史小百科「貨幣」』東京堂出版、1999年。ISBN 978-4-490-20353-0
  • 西脇康校訂・補編『銀座御用留(一) -銀座掛 葦名重次郎の手控-』書信館出版、2004年。ISBN 4-901553-04-6
  • 西脇康校訂・補編『銀座万覚書(上) -京都銀座役所年寄の手帳-』書信館出版、2004年。ISBN 4-901553-11-9
  • 西脇康校訂・補編『銀座万覚書(下) -京都銀座役所年寄の手帳-』書信館出版、2006年。ISBN 4-901553-14-3
  • 田谷博吉『近世銀座の研究』吉川弘文館、1963年。ISBN 978-4-6420-3029-8
  • 清水恒吉『南鐐蔵版 地方貨幣分朱銀判価格図譜』南鐐コイン・スタンプ社、1996年。
  • 『日本の貨幣-収集の手引き-』日本貨幣商協同組合、日本貨幣商協同組合、1998年。
  • 『日本貨幣カタログ』日本貨幣商協同組合、日本貨幣商協同組合、2008年。
  • 『日本通貨變遷圖鑑』財団法人 大蔵財務協会、中国日日新聞社、1974年。
  • 『貨幣の生ひ立ち』大蔵省造幣局、朝日新聞社、1940年。