メインメニューを開く
5世紀頃の東夷諸国と豆莫婁の位置。

豆莫婁呉音:づまくる、漢音:とうばくろう、拼音:Dòumòlóu)は、6世紀から8世紀にかけて中国東北部嫩江流域に存在した民族北夫余の後裔であるが、モンゴル系の言語を話す[1]大莫盧[2]達末婁[3]とも表記される。

歴史編集

北夫余が高句麗によって滅ぼされると、その生き残りは那河もしくは他漏河を渡ってそこに住み、豆莫婁となった。

代になると豆莫婁は達末婁と呼ばれ、開元11年(723年)に達末婁は達姤[4]とともに唐に朝貢した。

言語系統編集

魏書』『北史』に「旧北扶余である」と記されているため、扶余諸語に思われるが[5]、『魏書』『北史』の失韋国の条に「語は庫莫奚契丹、豆莫婁国と同じ」とあることから[6]モンゴル系とも考えられる。いずれにしても、定説はなく、今後の研究を待たねばならない。

地理編集

史書によると、勿吉国から北へ千里、洛陽から6千里の距離に在り、西には室韋がいて東は海(日本海)に行きつく、東西2千里の範囲に暮らしている。「東夷において最も平坦な地」とある。五穀を栽培するのに適しているが、五果()には適さないという。

習俗編集

豆莫婁の人々は背が高く、性格は強勇謹厚で略奪を行わない。君長は六畜(馬・牛・羊・犬・豕・鶏)の名をもって官名とし、邑落には豪帥がいる。飲食のときは勿吉とは違って[7]俎豆(そとう)[8]を用いる。麻布があり、衣製は高句麗の類で帽子が大きい。大人は金銀の装飾品を身につける。

刑罰編集

刑法は夫余時代のままで、刑は厳しく、殺人者は死刑となり、その家人を奴婢とする。淫らで妬ましい者は殺してその屍を国の南山上に置いて腐らせる。遺族がこの遺体を取り返したかったら、牛馬と交換で遺体を取り戻すことができる。

脚注編集

  1. ^ 『魏書』列伝第八十八、『北史』列伝第八十二「語は庫莫奚、契丹、豆莫婁国と同じ」より。
  2. ^ 『魏書』列伝第八十八、『北史』列伝第八十二の勿吉国の条
  3. ^ 『新唐書』列伝第一百四十五
  4. ^ 室韋の一種。
  5. ^
    • 井上秀雄、他訳注『東アジア民族史1-正史東夷伝』(1974年、平凡社)p103「(高句麗、夫余の)両族は、ともにツングース系と考えられている。両族が同系であることは始祖神話(東明・朱蒙伝説)の類同によっても推測できよう。」
    • 『世界史小辞典』(2004年、山川出版社)「【夫余】トゥングース系の貊人が建てた」
    • 『Yahoo!百科事典』「【夫余】古代中国の東北地方に割拠していたツングース系と思われる民族が建てた国名《村山正雄》。」
  6. ^ 『契丹小字研究』「契丹語はモンゴル語族に属するか或はモンゴル語と非常に近しい。」
  7. ^ 勿吉の前身である挹婁(ゆうろう)は俎豆(食器)を用いなかった。
  8. ^ 祭器の名。俎と豆。俎はいけにえの肉をのせるまないた、豆は菜を盛るたかつき。転じて、礼法。

参考資料編集

  • 魏書』(列伝第八十八)
  • 北史』(列伝第八十二)
  • 新唐書』(列伝第一百四十五 東夷)

関連項目編集