豊原北信号場

台湾の台中市の信号場

豊原北信号場(ほうげんきたしんごうじょう)は、かつて台湾台中市豊原区にあった台湾鉄路管理局台中線旧山線)及び東勢線廃止された信号場である。三義駅以南の旧山線区間で最南端である。[1]

豊原北信号場
Fengyuan Bikeways.jpg
豊原北信号場付近の自転車道起点、左が元台中線、右が元東勢線
豐原北號誌站
フォンユェンきたしんごうじょう
Fengyuan North Signal Station -
所在地 台中市豊原区
所属事業者 台湾鉄路管理局
等級 號誌站(信号場
種別 廃駅
駅構造 地上駅
ホーム 無し
開業年月日 1966年7月20日
廃止年月日 1991年9月1日
乗入路線
所属路線 旧山線
キロ程 182.8km(基隆起点)[注 1]
23.6*km(三義起点)
后里 (4.7km)
(2.7km) 豊原
所属路線 東勢線廃線
キロ程 2.7km(豊原起点)
豊原 (2.7km)
(0.7km) 朴口
テンプレートを表示
豊原北信号場
各種表記
繁体字 豐原北號誌站
簡体字 丰原北号志站
拼音 Fēngyuánběi Zhàn
発音: フォンユェンペイ ヂャン
台湾語白話字 Hong-goân Chhia-thâu
日本語漢音読み ほうげんきたしんごうじょう
日本語慣用読み とよはらきたしんごうじょう
英文 Fengyuan North Signal Station
テンプレートを表示

信号場構造編集

  • 台中線と東勢線の分岐点であった。豊原までは複線[2]后里及び朴口方向は単線であった。本信号場 - 豊原間は列車集中制御装置(CTC)で制御されていたが、東勢線はCTC制御ではなかったので、台中線から分岐後すぐにCTC区間は終端となっていた。[3]

利用状況編集

  • 既に廃止されている。后里 - 豊原間の新線は本信号場の東南方向数百mで旧線と合流する。
  • 東勢線廃止後は単線から複線への移行信号場として使用された。[4]
  • 東勢線の廃線跡は自転車道東豊自行車緑廊)となった。
  • 台中線の旧線廃線跡も自転車道(后豊鉄馬道)となった。

信号場周辺編集

歴史編集

隣の駅編集

台湾鉄路管理局
台中線(旧線)
后里駅 - 豊原北信号場 - 豊原駅
東勢線(廃線)
豊原駅 - 豊原北信号場 - 朴口駅

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 旧山線経由、三義駅の159.6kmに旧山線23.6km(舊山線より)を足して算出した。
  2. ^ 1959年から1966年の信号場開設時までは台中線と東勢線の線路は独立していたと思われる。

出典編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

外部リンク編集