メインメニューを開く

豊島 近(とよしま ちかし、1954年7月17日 - )は日本の生物学者構造生物学)。東京大学定量生命科学研究所教授。秋田県由利本荘市出身。

1978年東京大学理学部物理学科卒業、1983年同大大学院博士課程修了(理学博士)。1984年同助手となり、1986年にスタンフォード大学博士研究員、1988年にMRC分子生物学研究所研究員となる。1990年に帰国し、東京工業大学助教授に就任。

クライオ電子顕微鏡およびX線回折の手法による、筋小胞体カルシウムポンプなどのP型ATPアーゼのイオン能動輸送機構の解明で知られる。

受賞歴編集

栄典編集

参照編集