メインメニューを開く

豊島 長吉(とよしま ちょうきち、1887年明治20年)1月[1] - 1949年昭和24年)[2])は、日本の内務官僚。官選栃木県知事

経歴編集

香川県出身。豊島九平の二男として生まれる[1]第一高等学校を卒業。1913年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し京都府属となる[1][3]

以後、長崎県理事官地方視学官福井県警察部長、愛媛県書記官・警察部長、長崎県書記官・警察部長、新潟県書記官・警察部長、神奈川県書記官・警察部長などを歴任[1]

1931年12月、栃木県知事に就任。阿久津村小作争議事件の解決に尽力。1932年6月28日、知事を休職となり[4]1933年7月8日に退官した[5]

その後、東京市に入り、麹町区長や総務局監査部長などを務めた[6]

脚注編集

  1. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』272頁。
  2. ^ 『栃木県歴史人物事典』435頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』205頁。
  4. ^ 『官報』第1648号、昭和7年6月29日。
  5. ^ 『官報』第1956号、昭和8年7月10日。
  6. ^ 大衆人事録 1943.

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『栃木県歴史人物事典』下野新聞社、1995年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。


公職
先代:
中屋重治
麹町区
1939年 - 1940年
次代:
千葉胤次