豊川

愛知県東部を流れ三河湾に注ぐ河川

豊川(とよがわ)は、愛知県東部を流れ三河湾に注ぐ河川

豊川
Toyo-gawa River, Niwano Shinshiro 2019.jpg
豊川
(新城市庭野、2019年(平成31年)4月)
水系 一級水系 豊川
種別 一級河川
延長 77 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 724 km²
水源 鷹ノ巣山(段戸山)(北設楽郡設楽町
水源の標高 1,152 m
河口・合流先 三河湾豊橋市
流域 日本の旗 日本 愛知県
テンプレートを表示

概要編集

一級水系の本流。平成17年全国一級河川の水質現況[1]によれば、でBOD平均値が全国20位(162河川中)となるなど清浄な水質の川であり、東三河地域における水がめともなっている。宇連川との合流分以北では寒狭川と呼ばれることがある。豊川用水の取水元のひとつ。

地理編集

愛知県北設楽郡設楽町段戸山(標高1,152m)に源を発し南流。愛知県東部の山間部を流れ、長篠城址付近で宇連川を合わせ豊橋平野に流れる。豊川市行明町付近で豊川放水路を分け、豊橋市の西部でこれと再度合流しながら三河湾(渥美湾)に注ぐ。

流域の自治体編集

愛知県
設楽町新城市豊川市豊橋市

歴史編集

治水の歴史
江戸時代に、川下の吉田(現在の豊橋市中心部)を洪水から守るため、その上流に鎧堤と呼ばれる不連続な堤防が建設された。昭和に入り、治水のために豊川放水路事業が開始され1965年に完成。放水路の完成に伴い右岸の不連続な堤防は締め切られて連続した堤防になった。現在では下流の水不足解消のため、設楽ダムが計画にある。
鎧堤
鎧堤(よろいづつみ・よろいてい)とは緩流河川型の霞堤のことであるが、この地ではもともと鎧堤もしくは羽衣堤(はごろもてい)と呼ばれていた。明治期に作られた単語「霞堤」が広がり、この地域でも霞堤と呼ばれることが主流になった。
豊川の最上流の東上霞堤付近の河床勾配は約1/700と比較的急であるが、江島・賀茂・二葉霞堤付近で約1/900、三上・当古霞堤付近で約1/1800と次第に緩くなり、下条・大村・牛川霞堤付近で約1/7000と極端に緩くなっている。
9つの遊水地域における総湛水量は約1540万m'であり、かなり大きなダムの洪水調節容量に匹敵している。ただし、東上霞堤での湛水量はこの総量の約1%を占めるに過ぎず、河床勾配が急な場合の遊水効果の限界性を示している。
なお、大村霞堤では、水量が増して六合水に達した場合(堤防の六割りの高さに水嵩が達するの意)に、大村宮井戸に乗越堤が設けてあり、そこから遊水を下流に越流させ、上流の遊水量を調 節する工夫も施されていた。その目的は、狭窄部下流の吉田城下(今の豊橋)の氾濫防止、吉田橋の安全、舟運路の維持にあったと言われている[2]
郡の境界
宇連川から寒狭川・宇連川分岐点以南の豊川本流の大部分は、長らく宝飯郡設楽郡(西岸)と渥美郡八名郡(東岸)の境界をなしていた。
名称の変遷
古くは飽海川(あくみがわ)、吉田川(よしだがわ)、のちに「住民を潤す豊かな川であるように」という願いから、豊川(とよがわ、とよかわ)と呼ばれていた[3]。現在、河川名は新河川法により豊川(とよがわ;濁音)とされている。清音の(とよかわ)は、宝飯郡豊川郷から由来し現在の豊川市の読みに継承されている。

周辺地域への影響編集

豊川市立一宮西部小学校(当時の一宮町立一宮西部小学校)の校歌(制定年不明)の1番[4]において、豊川の水の「広々とした土地へ水流豊かに巡るさま」が、また、豊川市立一宮中学校(当時の宝飯郡一宮町立一宮中学校)の1951年に制定された校歌の2番[5]において、豊川の水の「四季折々の幸せをもたらすさま」が歌われている。

支流編集

 
豊川と豊川放水路の合流点(豊川橋付近)

上流より

橋梁編集

下流より

 
石巻山から望む豊川に架かる愛知県道499号石巻萩平豊川線の賀茂橋とその上流の東名高速道路の豊川橋

豊川放水路(下流より)

 
JRの豊川放水路橋梁を渡る名鉄電車

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成17年全国一級河川の水質現況
  2. ^ 大熊孝、「霞堤の機能と語源に関する考察」『日本土木史研究発表会論文集』 1987年 7巻 p.259-266, doi:10.11532/journalhs1981.7.259, 土木学会
  3. ^ 豊川について”. www.cbr.mlit.go.jp. 2019年9月6日閲覧。
  4. ^ 校歌”. www.city.toyokawa.lg.jp. 2019年3月3日閲覧。
  5. ^ 校歌”. www.city.toyokawa.lg.jp. 2019年3月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集