メインメニューを開く

豊川用水

豊橋駅西側を流れる牟呂用水

豊川用水(とよがわようすい)は、愛知県豊橋市をはじめとする東三河地域、渥美半島、および静岡県湖西市を潤す用水路豊川水系のほか天竜川水系からも取水する大規模な農業水利事業である。

目次

歴史編集

愛知県東三河地方は、昔から幾度となく旱魃に悩まされてきた。特に東三河地方の南、渥美半島では、半島の為、大きな川が無く、日照りが続くとすぐに旱害が発生した。

何とかこの地域に東三河を流れる豊川の水を引こうと考えたのが、現在の田原市出身の近藤寿市郎だった。近藤寿市郎は、視察に訪れたインドネシアでの農業水利事業をヒントに、豊川上流の鳳来町(現・新城市)にダムを建設し、貯めた水を東三河地方に導水するという発想を抱き、実現させようと、地元の人々に構想を説き、自らも国らに精力的に働きかけた。当時の人々には豊川用水の他にも「豊橋港を大きくして整える」「赤羽根町の池尻川を漁港にする」という3つを指して「近寿の三大ホラ」と言われたが、今ではそのすべてが実現し、私たちの暮らしを豊かにしている。

第二次世界大戦などで、紆余曲折があったが、終戦から4年目の1949年昭和24年)、宇連ダムを皮切りに国営事業として豊川用水の建設工事が始まった。1958年(昭和33年)、農業用水だけでなく、水道用水工業用水の開発が追加され、1961年(昭和36年)に愛知用水公団に引き継がれることとなり、1968年(昭和43年)、ついに全通した。水を安定して確保できるようになったことで東三河の農業は大きく発展し、全国有数の農業地帯を形成するようになった。特に渥美半島で農業産出額が大きく伸びており、2006年度(平成18年度)には田原市の農業生産額が全国の市町村の内で第1位となった。

2018年(平成30年)6月1日には全面通水から50年を迎え、3日、豊橋市の豊橋駅南口駅前広場で記念式典が開かれた。通水した1968年には370億円だった流域農業産出額が、2015年(平成27年)には4.3倍のおよそ1600億円となった。

年表編集

豊川用水の施設編集

宇連ダム(新城市、旧・鳳来町
宇連川を堰止めて建設された豊川用水の最初のダム。宇連川だけでなく、天竜川の支流(大入川、振草川)から取水された水も貯える。2,842万立方メートル。
大島ダム(新城市、旧・鳳来町)
大島川を堰止めて建設された豊川用水の二番目のダム。1,130万立方メートル。
大入頭首工導水路と振草頭首工・導水路
天竜川水系の大入川(おおにゅうがわ)から大入頭首工で取水された水は約2.6kmの導水路を通り、同じ天竜川水系の振草川に流れる。大入川からの水と振草川の水は振草頭首工で取水され、その水は約6.1kmの導水路を通り、宇連ダムへ流れる。
佐久間導水路
天竜川中流にある佐久間ダムから期間(5月6日から9月20日)限定で宇連ダム下流の亀淵川へ導水する約14.2kmの水路である。分水量は年間5,000万立方メートル、毎秒14立方メートルまでと決められている。
寒狭川頭首工・導水路
鳳来町長楽で豊川(寒狭川)から取水する。取水された水は約5.3kmの導水路を通り、大野頭首工の上流(宇連川)に流れる。
大野頭首工
宇連ダムや佐久間ダムからの水を新城市大野地点の宇連川から東西幹線水路に取水する。
東西幹線水路(東部・西部)
総延長約112kmの用水路である。大野頭首工から始まる水路は新城市東部・日吉の山中にある東西分水工で東部と西部の2つの幹線水路に分かれる。東部幹線水路(約76km)は渥美半島の先端にある調整池(初立池)まで、西部幹線水路(約36km) は豊川市を通り蒲郡市蒲郡調整池)まで流れる。
調整池
東部幹線水路には初立池、三ツ口池、大原(五葉湖)、万場、芦ヶ池の5つの調整池、西部幹線水路には駒場池、蒲郡(旧・豊岡池)の2つの調整池がある。

牟呂・松原用水の施設編集

牟呂松原頭首工
はじめは牟呂と松原でそれぞれの頭首工があったが、昭和に入り統合され、現在は新城市一鍬田で豊川から牟呂松原幹線水路に取水している。
牟呂松原幹線水路
頭首工から松原分水工までの5.3kmが共用となっており、その後、牟呂用水(約18km)は豊橋市神野新田まで、松原用水(約10km)は豊川および同放水路を横断して豊橋市大村町まで水を運ぶ。

参考文献編集

  • 『豊川用水』 愛知用水公団、愛知県静岡県 発行年:1868年 
  • 『田原・赤羽根史 現代編』 田原・赤羽根史現代編編集委員会、田原市 発行年:2017年
  • 『流れ悠々四十年。豊川用水』 豊橋市広報広聴課 発行年:2008年
  • 『ふるさとの偉人を訪ねる 田原を築いた人びと』 田原市教育委員会 発行年:2011年
  • 中日新聞」 朝刊東三河版 2018年3月30日 20頁
  • 「中日新聞」 朝刊東三河版 2018年6月1日 20頁
  • 「中日新聞」 朝刊東三河版 2018年6月4日 14頁

関連項目編集

外部リンク編集