豊平町 (広島県)

日本の広島県山県郡にあった町

豊平町(とよひらちょう)はかつて広島県山県郡に存在した町である。

とよひらちょう
豊平町
Flag of Toyohira Hiroshima.gif Toyohira Hiroshima chapter.jpg
町旗 町章
廃止日 2005年2月1日
廃止理由 新設合併
大朝町芸北町千代田町豊平町北広島町
現在の自治体 北広島町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
山県郡
市町村コード 34367-6
面積 130.66km2
総人口 4,475
(2004年3月31日)
隣接自治体 広島市
山県郡大朝町、芸北町、千代田町、安芸太田町
町の木 ケヤキ
町の花 レンゲツツジ
豊平町役場
所在地 731-1795
広島県山県郡北広島町戸谷1088-1
外部リンク 北広島町HP
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

2005年2月1日に山県郡東部 - 北部の4町(大朝芸北・豊平・千代田町)の合併の結果成立した山県郡北広島町に移行して廃止した。

地理編集

  • 河川
    • 志路原川…江の川支流。
    • 西宗川…太田川支流。
    • 丁川…太田川支流。
    • 椎谷山(標高954.2m)
    • 樋佐毛山(標高952.0m)
    • 龍頭山(標高928.4m)
    • 牛ガ首山(標高918.8m)
    • 海見山(標高870.0m)
    • 松歳山(標高820.2m)
    • 大丸峯(標高778.5m)
    • 野々志山(標高741.0m)
    • 城山(標高667.0m)
    • 平家山(標高665.0m)
    • 滝脇山(標高639.8m)
    • 石仏山(標高502.6m)

沿革編集

  • 1889年4月1日市町村制施行。当時の町域には都谷・原・吉坂の各村があった。
  • 1956年3月31日都谷・原・吉坂の各村が対等合併して豊平町が成立する。
  • 2005年2月1日大朝・芸北・千代田各町と合併して北広島町に移行したことに伴い廃止する。

地域編集

教育編集

  • 小学校
    • 北広島町立豊平小学校
  • 中学校
    • 北広島町立豊平中学校

大字編集

  • 阿坂(あざか)
  • 今吉田(いまよしだ)
  • 海応寺(かいおうじ)
  • 上石(かみいし)
  • 志路原(しじはら)
  • 下石(しもいし)
  • 都志見(つしみ)
  • 戸谷(とだに)
  • 長笹(ながささ)
  • 中原(なかばら)
  • 西宗(にしむね)
  • 吉木(よしき)

交通編集

鉄道編集

  • 町内は一切通っていない。

バス編集

  • 豊平交通が琴谷(旧豊平町役場周辺)を中心に約10路線を運行。

道路編集

名所・旧跡編集

備考編集

北海道にかつて同じ名称の「豊平町」(現・札幌市豊平区)が存在していた上、合併後にできた「北広島町」に関しても北海道に「北広島市」が存在する。ちなみに、両区域とも旧札幌郡である。

関連項目編集