豊平駐屯地

豊平駐屯地(とよひらちゅうとんち、JGSDF Camp Toyohira)は、札幌市豊平区平岸1条12丁目1-32に所在していた陸上自衛隊駐屯地

豊平駐屯地
豊平駐屯地の自衛隊札幌病院
豊平駐屯地の自衛隊札幌病院
所在地 札幌市豊平区平岸1条12丁目1-32
座標 北緯43度01分43.2秒 東経141度21分49.7秒 / 北緯43.028667度 東経141.363806度 / 43.028667; 141.363806座標: 北緯43度01分43.2秒 東経141度21分49.7秒 / 北緯43.028667度 東経141.363806度 / 43.028667; 141.363806
駐屯地司令 自衛隊札幌病院長
開設年 1955年(2015年廃止)
テンプレートを表示

道内の自衛隊医療を一手に引き受ける施設で近郊の駐屯地から定期的に通院車が走っていた。また病院内に准看護師を養成するための准看護学院も設置されていた。駐屯地司令は、自衛隊札幌病院長(北部方面隊管内で唯一陸将が駐屯地司令を務める)が兼務。施設老朽化のため、2014年度末をもって真駒内駐屯地に移転、閉鎖された。

目次

沿革編集

  • 1955年(昭和30年)1月25日:豊平駐とん地として新設[1]
  • 1955年(昭和30年)3月5日:自衛隊札幌地区病院が開設。
  • 1973年(昭和48年)3月:警務隊改編、第101地区警務隊(豊平連絡班)。
  • 1975年(昭和50年)2月:第314基地通信中隊豊平派遣隊改編完結。
  • 1988年(昭和63年)4月8日:自衛隊札幌病院に名称変更[2]
  • 2007年(平成19年):札幌病院が一般外来の受付を開始(保険医療機関化)。
  • 2008年(平成20年):警務隊改編に伴い、第120地区警務隊へ改称。
  • 2015年(平成27年)3月25日:診療業務を真駒内駐屯地に開設された新病院舎に移管。翌26日駐屯地廃止[3]

駐屯していた部隊等編集

最寄の幹線交通編集

脚注編集