メインメニューを開く

豊田 三郎(とよだ さぶろう、1907年明治40年)2月12日 - 1959年昭和34年)11月18日)は、日本の小説家。本姓は森村。妻は歌人森村浅香、作家の森村桂は長女。

来歴・人物編集

埼玉県南埼玉郡川柳村(現草加市)出身、旧制粕壁中学(現在の埼玉県立春日部高等学校)から旧制静岡高等学校を経て東京帝国大学独文学科を卒業し、「赤い鳥」編集部に入る。その後紀伊國屋書店出版部に入社、舟橋聖一田辺茂一と知り合い、雑誌「行動」の編集長を務める。1935年、小説『弔花』を『新潮』に発表して注目され、文筆生活に入る。

戦時中は旧制中学校の国語教員を務める傍ら、長編小説『青春』を執筆する。さらに陸軍報道班員としてビルマに渡る。帰国後は、戦争の体験をまとめた『行軍』(1944年)で文学報国会賞を受賞する。戦後は『仮面天使』(1948年)がベストセラーになる。1953年、『好きな絵』で芥川賞候補になるが落選する。日本文芸家協会書記局長としてはチャタレイ裁判に取り組む。

1959年11月18日狭心症のため急死。享年52(長女・桂19歳)。最期の言葉は「生きていても、死んでも、どっちでもいい。あばよ」だった。

娘・桂の『天国にいちばん近い島』の中で、幼い頃の著者にニューカレドニアの話を聞かせた父親として登場する。

著書編集

  • 『弔花』紀伊国屋パンフレツト 1935年
  • 『新しき軌道 他八篇』協和書院 1936年
  • 『北京の家』第一書房 1939年
  • 『青年時代』甲鳥書林 1941年
  • 『秩父医院』昭和書房 1941年
  • 『行軍』金星堂 1944年
  • 『孔雀』新太陽社 1945年
  • 『林檎畑』御影文庫 1946年
  • 『さくら姫 童話』川流堂書房 1947年
  • 『仮面天使』文潮社 1948年
  • 『処女哄笑』文潮社 1948年
  • 『十字架と小悪魔』思索社 1948年
  • 『青春』角川小説新書 1956年
  • 『好きな絵』河出書房新社 1963年
  • 『豊田三郎作品集』同人誌「埼東文化」会編 草加市教育委員会 1984年
  • 『豊田三郎童話集』童話集編集委員会編 草加市立川柳小学校 1993年 かわやぎ選書
  • 『豊田三郎小説選集』さきたま出版会 1995年
共著
ほかの作品
  • 幼年時代
  • 黒白
  • 青空

外部リンク編集