豊田 憲司(とよた けんじ、1947年8月1日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

豊田 憲司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1947-08-01) 1947年8月1日(74歳)
身長
体重
176 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1971年 ドラフト5位
初出場 1972年4月16日
最終出場 1972年9月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

私立呉港高校では1965年夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、河本和昭投手のいた広陵に延長14回サヨナラ負け、甲子園には届かなかった。同年のドラフト会議阪急ブレーブスから5位指名を受けるが拒否し、芝浦工業大学へ進学。東都大学野球リーグでは、1年上の池田善吾とともに投の主軸となり、1968年秋季リーグでの優勝に貢献。大学同期に捕手河村健一郎片岡新之介(中退)がいる。大学卒業後にいすゞ自動車へ入社。1971年都市対抗野球大会に出場。1回戦で松下電器福間納と投げ合い完投勝ち。2回戦に進むが三菱自動車京都に敗退[1]。チームメイトに原田俊治日本コロムビアから補強)、永尾泰憲がいた。

1971年ドラフト会議西鉄ライオンズから5位指名を受け入団。1972年には初先発を含む21試合に登板するが好結果を残せず、1973年限りで引退した。

スリークォーターからの重いストレート、シュートを武器とした。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1972 西鉄 21 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 164 36.1 43 3 18 2 2 8 1 0 22 20 5.00 1.68
通算:1年 21 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 164 36.1 43 3 18 2 2 8 1 0 22 20 5.00 1.68

記録編集

背番号編集

  • 29 (1972年 - 1973年)

脚注編集

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集