メインメニューを開く

豊臣 秀勝(とよとみ ひでかつ / とよとみ の ひでかつ) / 羽柴 秀勝(はしば ひでかつ)は、安土桃山時代武将大名豊臣秀吉の姉である瑞龍院日秀三好一路の次男で、秀次の弟、秀保[注釈 2]の兄。

 
豊臣秀勝 / 羽柴秀勝
時代 安土桃山時代
生誕 永禄12年(1569年
死没 文禄元年9月9日1592年10月14日
改名 小吉(幼名
別名 通称:丹波少将、丹波中納言、丹波宰相、岐阜宰相
戒名 光徳院陽巖[1]
墓所 善正寺
官位 侍従、左近衛権少将[注釈 1]
従四位下参議正三位中納言
氏族 木下氏→三好氏→羽柴氏豊臣氏
父母 父:三好吉房、母:瑞龍院日秀
養父:豊臣秀吉
兄弟 秀次秀勝秀保
義兄弟:秀勝 (石松丸)鶴松秀頼秀勝(於次丸)秀俊豪姫秀家秀康
正室:浅井長政の三女)
完子

幼名小吉(こきち)[2]。他の秀勝との呼び分けとして、史家は便宜上、小吉秀勝(または三好秀勝)と呼ぶことがある。しばしば於次秀勝[注釈 3]と混同され[3]、丹波少将や丹波中納言という同じ通称が用いられた。岐阜宰相とも言われるがこれは間違いで[4]、遺領を継いだ織田秀信(三法師)が同じく称されたものとの混同である[5]

目次

生涯編集

永禄12年(1569年)、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の姉日秀(とも)と三好吉房の次男として生まれた。幼名は小吉。

奈良興福寺の『多聞院日記』によれば、小吉は隻眼(片目)であったという[6][7][2]

秀吉の養子となった時期は不明であるが、天正13年(1585年)に羽柴秀勝(=於次秀勝[注釈 3])が病死した直後と考えられている[6]。一説には、小吉は於次秀勝の諱と共に官位を所領とを受け継いだと言い、同じく丹波亀山城[注釈 4]となって、左近衛権少将にも任じられたので、「丹波少将」と呼ばれ、史料においてしばしば両者の混同が見られる[2]。一方で、片山正彦は天正13年9月に出された摂津国安岡寺宛の安堵状と同月に同国富田宿に出された禁制[注釈 5]に小吉秀勝と署名されたものが現存していることから、天正13年12月に没したとされる於次秀勝と小吉秀勝の2人の秀勝が、少なくとも数か月間は同時に存在していたのではないかと指摘している[注釈 6]

なお、於次秀勝とは異なり、跡取りとは見なされておらず、後に小吉秀勝の兄秀次が秀吉の養嗣子となっている。

兼見卿記』の天正13年10月20日条によると、同年10月18日頃、浅井江(崇源院)[注釈 7]を正室に迎えたとされるが、時期には異説がある。吉田兼見はこれを「羽柴秀勝」の婚儀と書いているが、於次秀勝がこの頃まだ存命であったはずであり、よって2人の結婚は翌年以降か、文禄元年(1592年)とする説が有力とされている[10]。ただし、前述の片山説を採用した場合には、すでに小吉秀勝を名乗っていたはずであるから矛盾はなく[注釈 8]、天正13年に正室を迎えていたと考えるべきであろう。

天正15年(1587年)、秀吉の九州平定に十一番隊5千人を率いて従軍。軍議にて蒲生氏郷前田利長豊前岩石城(巌石城)攻めを主張したので、秀勝がその攻撃の総大将を命じられた。蒲生隊2千、前田隊3千余であり、両将の働きでこの城は力攻めによって攻め落とされたが、功は総大将である秀勝のものと帰した。『多聞院日記』によれば、戦後の論功行賞の席で、秀勝は丹波亀山10万石(別説では28万石)では知行が不足であると秀吉に不平を訴えたため、その怒りを買って勘当され、所領を没収されて、丹波亀山は豊臣秀長に与えられた[12]

天正16年(1588年)、兄秀次に1年遅れて豊臣姓を下賜された[13]

天正17年(1589年)10月、『多聞院日記』によれば、蜂屋頼隆が子を為さずして亡くなり断絶したため、遺領のうち5万石と私財の全てを秀勝が引き継ぎ、敦賀城主となったと言う[14][12]。しかし後年の軍記には同年、秀吉は敦賀城を大谷吉継に与えたとあり、異説もある。

天正18年(1590年)、小田原征伐に従軍。山中城攻めで功があり、小田原城包囲では秀次と共に落窪山に陣をしいた[12]。7月に関東に転封された徳川家康の備えとして、11月に旧徳川領のうち甲斐国信濃国2か国が秀勝に与えられて転封となり、甲斐の府中(躑躅ヶ崎館[注釈 9]に移った。秀勝の甲斐支配は8ヶ月あまりであるため甲斐・信濃支配の残存史料は少ないが、甲斐では郡内地方や河内における検地の実施を試みており、寺社への寺領安堵や禁制、中道往還の右左口に対する諸役免許[18]発行などの行政をしている。

ところが、秀勝の母、瑞龍院日秀が甲斐は僻地で遠すぎると太閤秀吉に嘆願を続けたため、天正19年(1591年)3月には美濃岐阜城へと転封となり、甲斐信濃23万石は替わって加藤光泰に与えられた。同年8月に秀吉の嫡男鶴松が死去し、それに伴って11月に兄秀次が秀吉の養嗣子となったので、同月、秀勝も従四位下参議に任じられた。これにより秀勝は「岐阜宰相」と呼ばれるようになったといわれるが、実際には岐阜宰相を名乗った事実はない[4]。12月、秀次はさらに関白に任じられた。また弟の秀保は、これより前の同年1月に豊臣秀長の婿養子となって秀長の娘「おきく」と婚約し、ほどなく旧領大和100万石を相続して、大和中納言と称されていた。

文禄元年(1592年)の文禄の役では、岐阜兵8,000の兵を率いて、九番隊の大将として出征した[注釈 10]細川忠興らを率いて、4月下旬に壱岐島から朝鮮国巨済島に渡ったが、同島で半年ほど滞陣していた間に病を発して、戦病死した。享年24。釜山より軍監黒田如水が渡ってきて残務処理をし、秀勝の部隊は奉行衆がそれぞれ受け持った。その後、遺領の岐阜城と九番隊の指揮権はそのまま織田秀信に与えられることになったが、出征までしばらく時間を要したからである。

秀勝の遺体は京の嵯峨亀山(右京区)に輸送され、瑞龍院日秀によって善正寺に葬られた。法名は光徳院陽巖。

同年または一説には翌年、小吉秀勝と江の間に完子が産まれた。完子は、江の姉淀殿に養育され、成長した後に九条幸家に嫁ぎ、完子の子孫が大正天皇の貞明皇后となり、現在の皇室・宮家となっている。正室の江は文禄3年(1595年)に徳川秀忠に再嫁した。

慶長5年(1600年)、瑞龍院日秀は善正寺を上京区岡崎(現左京区岡崎)に移し、この時に秀勝の墓も移された。しかしこれは豊臣秀次の墓として誤伝されているようで[1]、豊臣小吉秀勝に碑銘の残った墓はない。

関連作品編集

小説
  • 智本光隆『桃山乱戦奇譚 天下人の血』(学研歴史群像新書)
テレビドラマ

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 叙任時期は明らかではない。於次秀勝との混同という説もあり。
  2. ^ 豊臣秀長の養子。諱は「秀俊」とする史料もある。
  3. ^ a b 織田信長の四男、秀吉の養嗣子。小吉秀勝より1歳年長と推定されている。
  4. ^ ただし『寛政重修諸家譜』では亀山城主は天正13年7月より前田玄以とされている。
  5. ^ 個人蔵・大阪歴史博物館寄託。
  6. ^ 片山正彦(京都光華女子大学真宗文化研究所学外研究員)は9月の段階で於次秀勝の病が重く、彼の死去を隠す、あるいはそれが公になることを少しでも遅らせる意図があったのではないかとし、その背景に於次秀勝に養女を嫁がせたばかりの毛利輝元への配慮があったのではないかと考えて、それで於次秀勝の存命中に小吉秀勝を名乗らせたのではないかと推測している[8]
  7. ^ 江は天正2年に信長の意向もしくは天正11年に秀吉の意向で織田信雄家臣佐治一成に嫁いだとされるが、天正12年(1584年)に一成は没落しており、離縁もしくは破談となっている。なお、江と佐治一成の婚姻は婚約のみで、秀勝との婚姻は実質的に初婚であったという説もある[9]
  8. ^ なお、同日条には吉田兼見が御次(於次秀勝)の見舞いをしたことに関する記述もある[11]
  9. ^ 躑躅ヶ崎館(甲府市武田)は戦国大名武田氏の居館で、武田氏滅亡後は織田氏・徳川氏によって引き続き支配拠点として利用されていた。徳川氏時代には城下南方の一条小山に総石垣の新城が築城され(甲府城)、秀勝期にも甲府桶大工勝村氏に「当城用所」を命じた文書が残されている[15]。この文書から秀勝期にも築城が開始されていた可能性が考えられているが[16]、この「当城」は武田氏館を指すとする説もある(なお、甲府城の普請は加藤氏、浅野氏により継続され慶長年間には完成をみたと考えられている)[17]
  10. ^ この頃、秀吉は甥の秀次に対して、三国分割計画を示しているが、これによると高麗には秀勝か宇喜多秀家を配すると知らせており、つまり秀勝は朝鮮統治予定者の最有力候補に挙げられており、秀吉の天下統治構想に秀勝が、血族としてとりわけ重要な役割を担っていたことが知られる[19]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 渡辺 1919, p.77
  2. ^ a b c 桑田 1971, p. 37.
  3. ^ 渡辺 1919, p.73
  4. ^ a b 宮本 2010, p. 141-147
  5. ^ 渡辺 1919, p.75
  6. ^ a b 渡辺 1919, p.72
  7. ^ 桑田 1981, p. 278, 渡辺良次郎「豊臣秀吉家族事典」.
  8. ^ 片山 2017, p. 162-165.
  9. ^ 福田千鶴『江の生涯』2010年。
  10. ^ 小和田哲男 『戦国三姉妹物語』 角川書店、1997年。ISBN 4047032867 
  11. ^ 片山 2017, p. 164-165.
  12. ^ a b c 桑田 1971, p. 38.
  13. ^ 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」『駒澤史学』49号、1996年。
  14. ^ 渡辺 1919, p. 74.
  15. ^ 『山梨県史』資料編8 近世1 領主、1997年。
  16. ^ 平山優「甲府城の史的位置-甲斐国織豊期研究序説-」『山梨県立考古博物館・山梨県埋蔵文化財センター 研究紀要9 10周年記念論文集』1993年。
  17. ^ 数野雅彦「甲府城築城関係史料の再検討」『甲斐の美術・建造物・城郭』羽中田壯雄先生喜寿記念論文集刊行会、岩田書店、2002年。
  18. ^ 天正18年9月付羽柴秀勝黒印状(山梨県立博物館寄託「右左口口遊文書及び関連資料一括」)
  19. ^ 宮本 2010, p. 137-138.

参考文献編集

関連項目編集