メインメニューを開く

株式会社豊通シスコム(とよつうシスコム、: TOYOTSU SYSCOM CORPORATION.)は、名古屋市中村区に本社を置く、豊田通商グループのグローバルICT(情報通信)企業である。

株式会社豊通シスコム
TOYOTSU SYSCOM CORPORATION.[1]
本社の入居するシンフォニー豊田ビル
本社の入居するシンフォニー豊田ビル
種類 株式会社
市場情報 未上場
略称 豊通シスコム
本社所在地 日本の旗 日本
450-0002
名古屋市中村区名駅4-11-27
シンフォニー豊田ビル
設立 2018年(平成30年)12月14日[1]
業種 情報・通信業
法人番号 5180001031740
事業内容 ネットワーク事業
情報通信システム・基幹系システムの開発、保守運用
デジタルエンジニアリング支援業務
福利厚生アウトソーシング[1]
代表者 代表取締役社長 谷重樹[1]
資本金 3億10百万円[1]
従業員数 336名(2019年4月1日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 豊田通商(株) 100%
外部リンク http://www.tsyscom.co.jp/
特記事項:豊田通商グループ企業(豊田通商システムズ兄弟企業)
テンプレートを表示

企業概要編集

株式会社豊通シスコムは、2018年12月14日に設立された企業である。元々は豊田通商グループ以外にもITソリューション営業を実施していたが、現在は会社分割を行いトヨタグループ各社向けには豊田通商システムズ株式会社がその役割を担っており、該社は豊田通商株式会社及び、そのグループ企業向けに活動を行っている。

沿革編集

  • 2018年(平成30年)12月14日 - 分割準備会社(豊通シスコム(新))を設立[2]
  • 2019年(平成31年)4月1日 - 会社分割実施。トヨタグループ向けは豊田通商システムズ株式会社として、豊田通商グループ向けは株式会社豊通シスコムとして営業を開始。

事業所編集

事業内容編集

豊田通商グループの一員として、グループ各社向けに

  1. 通信ネットワークを活用したソリューションサービス
  2. 企業活動を効率化する基幹系システム構築・保守・運用
  3. 設計・生産業務を効率化するデジタルエンジニアリング
  4. 企業の福利厚生業務のアウトソーシングの事業を展開している。

近年はとりわけ国内外の企業システム、ネットワークインフラに於けるセキュリティーを中心とするソリューションに注力。また、グループ内のIT企業として海外生産拠点での支援体制を更に強化すべく、海外事業への領域拡大に取り組み中。今後も更なるグローバルサービスの拡充を担っている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 会社概要”. 株式会社豊通シスコム. 2016年1月29日閲覧。
  2. ^ グループ再編(連結子会社間の会社分割(吸収分割)) - 豊田通商株式会社
  3. ^ a b c d 営業拠点”. 株式会社豊通シスコム. 2015年4月8日閲覧。

外部リンク編集