本来の表記は「豎刁」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

豎刁(じゅちょう)は、春秋時代の人。桓公の家臣。自ら後宮の管理を願い出て去勢し、宦官となって桓公の信任を得たことで有名。このことから自宮宦官の祖と伝えられる。

管鮑の交わり」の故事で知られる名宰相の管仲鮑叔と激しく対立していたが、両名の死後に公子開方易牙と共に権力を握り、桓公の死後は、太子のや他の公子らを追放。自ら公子無詭を擁立した。しかし昭が隣国の襄公と組んで反撃したため、これと戦い戦死したと伝えられる。正確な生没年は不詳である。

関連項目編集