メインメニューを開く

豚伝染性胃腸炎(ぶたでんせんせいいちょうえん、transmissible gastroenteritis of swine;TGE)とは伝染性胃腸炎ウイルス感染を原因とする豚の感染症家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。

原因編集

伝染性胃腸炎ウイルスはコロナウイルス科コロナウイルス属に属し、犬コロナウイルス、猫伝染性腹膜炎ウイルスと共通抗原を持つ。発生は冬季に多い。

症状編集

哺乳豚において突然の発熱、嘔吐に続いて下痢を示し、1週間以内に死亡する。4週齢以上では死亡しないがひね豚となる。感染豚の肉眼的変化は胃、小腸にのみみられ、胃は膨満し、内容物に未消化の凝乳がみられる。

診断編集

発症期と回復期のペア血清の中和抗体価上昇の確認が最も確実であるが、事後診断としての価値しかない。迅速診断には蛍光抗体法による抗原検出が行われる。

治療編集

治療法はないが、大腸菌症を併発することが多いので、これに対する治療として抗生物質を投与する。

予防編集

乳汁免疫が成立するので妊娠母豚にワクチン接種することにより、乳汁を介して免疫を付加する方法と、子豚に生ワクチンを経口投与する方法とがある。

関連項目編集

参考文献編集