貞元親王

日本の皇族

貞元親王(さだもとしんのう)は、平安時代前期から中期にかけての皇族。清和天皇の第三皇子

貞元親王
続柄 清和天皇の第三皇子

身位 四品親王
死去 延喜9年11月26日910年1月10日
配偶者 藤原基経の女
子女 源兼忠、源兼信、女子(藤原興嗣室)
父親 清和天皇
母親 藤原仲統の女
役職 上野太守
テンプレートを表示

閑院といわれているが明確ではなく、江戸時代東山天皇の第六皇子・直仁親王が創設した宮号「閑院宮」との関係は不明である。

伝承編集

千葉県君津市貞元の「貞元親王墓」編集

現在の千葉県君津市には、貞元親王が故あって上総国に下向し、当地で没したとする伝承がある。伝承地は、江戸時代には周淮郡貞元村と呼ばれており、貞元(さだもと)という町名が今に伝わっている。

1678年延宝6年)に貞元村に建立された貞元親王墓(ていげんしんのうはか)は、1970年9月21日に君津市指定文化財に指定された[1]

また、貞元出身の歌人平野峯郎が作詞した君津市立貞元小学校校歌(1963年制定)は、「清和の昔 貞元の みこがおわせし この郷に」から始まる歌詞となっている[2]

「滋野氏の祖」説編集

信濃国から発祥した滋野氏(およびその末裔を称する海野氏根津氏望月氏など)の発祥については諸説あるが、その中に清和天皇と系譜を結びつけるものがある。

『群書系図部集』では、貞元親王を滋野氏の祖と記している。なお、滋野氏の祖については貞保親王(清和天皇第四皇子)に求めるものなど諸説ある。

長野県東御市本海野白鳥神社は、主祭神を日本武尊とするが、貞元親王・善淵王海野広道公を滋野氏海野氏の祖先として祭る。

官歴編集

注記のないものは『日本三代実録』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 君津市の文化財・記念物”. 君津市. 2019年1月7日閲覧。
  2. ^ 校歌”. 君津市立貞元小学校. 2019年2月14日閲覧。
  3. ^ 『日本紀略』

関連項目編集