貞家 克己(ていか かつみ、1923年9月13日 - 2003年11月17日)は、日本裁判官最高裁判所判事愛知県出身。

概要編集

1948年(昭和23年)東京帝国大学を卒業[1]司法修習を終えた後、いったん千葉地裁判事補などをし、1953年(昭和28年)10月に法務省入り[1]。参事官、司法法制調査部長、訟務局長、民事局長を務め、「法務省に貞家あり」といわれた存在であった[1]。裁判官としても宇都宮地裁所長、横浜地裁所長、広島高裁長官、大阪高裁長官などを歴任した。

1988年(昭和63年)3月17日に最高裁判所判事に就任。

1993年(平成5年)9月に定年退官した。退官後は建設省中央建設工事紛争審査会委員を務めた。

1995年(平成7年)11月、勲一等瑞宝章受章[2]

脚注編集

  1. ^ a b c 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)290頁
  2. ^ 「95年秋の叙勲 勲一等・勲二等」『読売新聞』1995年11月3日朝刊