メインメニューを開く

貞斎 泉晁(ていさい せんちょう 、文化9年〈1812年〉 - 没年不明)とは、江戸時代浮世絵師

来歴編集

渓斎英泉の門人。姓は不明、俗称は吉蔵。青蔦亭、素月園とも号す。江戸の人で霊岸島に住む。作画期は文政から弘化の頃にかけてで、錦絵美人画合巻の挿絵などを残している。

作品編集

参考文献編集

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年