貞辰親王
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 貞観16年(874年
薨去 延長7年4月21日929年6月1日
別名 院宮
官位 四品
父母 父:清和天皇、母:藤原佳珠子
兄弟 陽成天皇、貞固親王、貞元親王貞保親王、貞平親王、貞純親王、孟子内親王、包子内親王、敦子内親王貞辰親王識子内親王貞数親王貞真親王、貞頼親王、源長猷、源長淵、源長監、源長頼、源載子
テンプレートを表示

貞辰親王(さだときしんのう)は、清和天皇の第七皇子。母は藤原基経の娘である女御藤原佳珠子

貞観17年に親王宣下を受ける。清和天皇の数多くの皇子の中で時の権力者である藤原基経の唯一の外孫であることから、陽成天皇退位後の有力な皇位継承者の一人だったが、結局皇位は光孝天皇から宇多天皇と継承され、貞辰が天皇になることはなかった。

光孝天皇は即位後に子女全員を臣籍降下しているが、これは基経と貞辰に配慮したとする説がある[1]

異伝編集

東京都墨田区向島にある牛嶋神社(牛御前王子権現社)と葛飾区王子白髭神社(王子神社)の祭神となっている。王子白髭神社社伝によると、貞辰が東国を巡行中の元慶元年(938年)にこの地で没したために祭られたという。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 倉本一宏『藤原氏-権力中枢の一族』(中央公論新社(中公新書2484)p.176)