貞顕王后

李氏朝鮮第9代国王成宗の正室

貞顕王后 尹氏(ていけんおうこう いんし、チョンヒョンワンフ ユンシ、1462年7月21日1530年9月13日)は、李氏朝鮮第9代国王成宗正室継室)で第11代国王中宗の実母。鈴原府院君尹壕朝鮮語版(いん ごう、ユン・ホ、윤호、1424年 - 1496年[4])と正室延安府夫人田氏の娘。本貫は坡平尹氏朝鮮語版

貞顕王后
朝鮮王妃
선릉 전경.jpg
宣靖陵朝鮮語版
(成宗・貞顕王后・中宗墓所、ソウル特別市江南区
在位 成化16年11月8日 - 弘治8年12月25日
1480年12月9日 - 1496年1月10日

別称 慈順和恵昭懿欽淑貞顕王后
出生 天順6年6月25日[1]
1462年7月21日
忠清道新昌官衙
死去 嘉靖9年8月22日
1530年9月13日
漢城景福宮東宮正寝
埋葬 宣陵
配偶者 成宗
子女 中宗
順淑公主
慎淑公主
氏族 坡平尹氏
父親 尹壕朝鮮語版
母親 延安府夫人田氏[2][3]
テンプレートを表示

生涯編集

世祖8年(1462年)に誕生。成宗4年(1473年)に後宮として王宮に入り淑儀に封じられた[5]。成宗10年(1479年)6月2日王妃尹氏が廃位され庶人に身分を落とされる[6]と、翌成宗11年(1480年)10月に継室に選ばれ[7]、同年11月8日に王妃に封じられた[8]。また実母を廃位および賜死によって失った元子燕山君の嫡母となった。淑儀であった1478年に翁主(後の順淑公主朝鮮語版)を出産、王妃となった後に慎淑公主朝鮮語版と王子晋城大君(後の中宗)を出産したが成人したのは晋城大君だけであった。

燕山君が即位して国王となった事に伴い大妃となり、燕山君2年(1496年)に慈順尊号を受けて[9]慈順王大妃[脚注 1]と称されるようになった。燕山君11年(1505年)には尊号に和恵が加えられ称号が慈順和恵王大妃となった[脚注 2]。1506年9月2日に起きた中宗反正の際は事が起こる前に上啓を受けている[11]

中宗25年(1530年)8月22日に崩御。中宗の2番目の王妃である章敬王后が産褥死した時は一時期元子(後の仁宗)を代わって保護し育てていた[12]。同年9月、諡号貞顕王后徽号中国語版昭懿欽淑と定められ、また遺言に従い夫の成宗の墓所である宣陵に埋葬される事となった[13]

家系編集

  • 父: 尹壕
  • 母: 延安府夫人田氏

貞顕王后が登場する作品編集

映画
テレビドラマ

脚注・文献編集

脚注
  1. ^ または慈順大妃
  2. ^ 燕山君は尊号を与えろとの奏上が多く仕方なくこれに応えたという記述が残っている[10]
文献
  1. ^ 「辛卯、大妃殿誕日賀禮、以權停禮行之、日氣甚熱故也」朝鮮王朝実録 中宗実録6巻 中宗3年6月25日 辛卯1回目
  2. ^ No. 99645 연안부부인 전씨 묘 斗山百科 2019.3.19 09:15 (UTC) 閲覧
  3. ^ 傳于政院曰:所經各官鄕校、欲爲親祭、大臣言其不可、故不爲也。田氏墓、則【延安府夫人、卽大妃母夫人也】」朝鮮王朝実録 中宗実録63巻 中宗23年10月13日 辛亥2回目
  4. ^ 윤호[尹壕] (朝鮮語) 斗山百科 2019.3.19 10:00 (UTC) 閲覧(NAVER内)
  5. ^ 정현왕후[貞顯王后] (朝鮮語) 斗山百科 2019.3.19 09:55 (UTC) 閲覧(NAVER内)
  6. ^ 「決不可以上承宗廟、下儀國家、乃於成化十五年六月初二日、廢尹氏爲庶人」朝鮮王朝実録 成宗実録105巻 成宗10年6月2日 丁亥10回目
  7. ^ 「傳旨議政府曰:王妃、一國之母、其位不可久曠。淑儀尹氏、賢德夙著、允合壼儀。上承懿旨、正位中宮。其曉諭中外」朝鮮王朝実録 成宗実録122巻 成宗11年10月4日 庚戌5回目
  8. ^ 「成化十六年十一月初八日、敬蒙上恩、封妾爲王妃、仍授冊命、印章、不勝感激。謹奉箋稱謝者。妾尹氏、誠惶誠恐、稽首稽首」朝鮮王朝実録 成宗実録123巻 成宗11年11月8日 甲申1回目
  9. ^ 「命召曾經政丞、議政府、六曹、館閣堂上等、議兩大王大妃、王大妃、恭惠王后加上尊號、成宗大王祔廟、因吉祭與別擇日當否。・・・遂定仁粹大王大妃、徽號曰慈淑、仁惠大王大妃曰明懿、王大妃曰慈順、加上曰恭惠王后、諡號曰徽懿愼粛」朝鮮王朝実録 燕山君日記12巻 燕山2年2月5日 癸丑2回目
  10. ^ 「群公卿士、左右奔走之力是賴、而百寮同辭、請上尊號、以至抗箋陳乞、予不獲已、乃於今月二十六日戊寅、御明政殿、受憲天弘道經文緯武之號、旋率宗親、文武百官、奉冊寶加上尊號於東朝、爲慈順和惠王大妃」朝鮮王朝実録 燕山君日記59巻 燕山11年8月26日
  11. ^ 「又遣尹衡老于景福宮、啓于大妃…」朝鮮王朝実録 中宗実録1巻 中宗1年9月2日 戊寅1回目
  12. ^ 「己卯/申時, 大妃薨于東宮正寢.【史臣曰:「大妃慈仁睦族、然不爲外戚求官. 王世子誕未旬日、章敬王后薨、大妃撫育保護、無所不至」】」朝鮮王朝実録 中宗実録69巻 中宗25年8月22日 己卯1回目
  13. ^ 「謹上諡曰貞顯王后、又加上徽號曰昭懿欽淑、用是年十月二十九日乙酉、葬于宣陵之左、丑坐未向之原、從遺命也」朝鮮王朝実録 中宗実録69巻 中宗25年9月7日 癸巳5回目
先代
斉献王后
朝鮮王妃
在位:1480年 - 1496年
次代
廃妃慎氏
先代
安順王后
朝鮮大妃
在位:1494年 - 1530年
次代
文定王后