負芻(ふすう、生没年不詳)は、中国戦国時代の最後の王(在位:紀元前228年 - 紀元前223年)。考烈王(名は『史記』「楚世家」ではで、「春申君伝」ではと記される)の庶子[1]。『史記』楚世家によれば哀王猶の庶兄である。

負芻
王朝
在位期間 前228年 - 前223年
都城 (寿春)→
姓・諱 熊負芻
考烈王あるいは頃襄王

生涯編集

幽王10年(紀元前228年)、負芻を支持する楚の国人が王宮を襲撃して哀王を殺害し、負芻は自ら楚王に即位した。だが、負芻は主体性の欠けた君主で、この頃の楚は既に往年の強大国の面影は喪失していた。

楚王負芻4年(紀元前224年)、楚の大将軍項燕項羽の祖父)がの老将軍王翦で敗れた[2][3]

楚王負芻5年(紀元前223年)、王翦と蒙武が楚を攻め、負芻は捕虜となった[4][5]

負芻が捕虜とされた後、項燕は公子の昌平君を擁立して秦に抵抗したが、王翦の猛攻で両者は戦死し、春秋時代から続いた楚はついに滅亡した[6]

脚注編集

  1. ^ 劉向の『列女伝』孽嬖伝によると、考烈王の弟とする。
  2. ^ 『史記』楚世家
  3. ^ 『史記』楚世家では、項燕はこのときに王翦の軍勢に討ち取られたと記されている。
  4. ^ 『史記』楚世家
  5. ^ 『史記』秦始皇本紀では、負芻は前年に捕虜となったと記されている。
  6. ^ 史記』秦始皇本紀
先代:
哀王
前228年 - 前223年
次代:
昌平君