財閥(チェボル、: 재벌: Chaebol)は、大韓民国の経済で大きな役割を果たしている大規模産業コングロマリットである。創業者一族の家族経営が特徴である。1997年からのアジア通貨危機IMFによる韓国救済の中で、当時第2位の財閥だった大宇財閥が解体された。しかし、現在も財閥は韓国経済の中で非常に大きな位置を占めている。

財閥
各種表記
ハングル 재벌
漢字 財閥
発音 チェボル
2000年式
M-R式
英語
Jaebeol
Chaebŏl
Chaebol
テンプレートを表示

主な財閥編集

10大財閥編集

一般的に言われる10大財閥は以下の企業グループである[1]

グループ名 創業者 中心人物 創業年 総資産[注 1] 主な企業 備考
サムスン 삼성 李秉喆 李健煕 1938年 363兆2000億ウォン サムスン電子サムスン電機サムスン物産
現代自動車 현대자동차 鄭周永 鄭夢九 1967年 218兆6000億ウォン 現代自動車起亜自動車現代製鉄
SK SK 崔鍾建 崔泰源 1953年 170兆7000億ウォン SKSKイノベーションSKエナジー
LG LG 具仁会 具光謨 1947年 112兆3000億ウォン LGエレクトロニクスLG商事LG化学
ロッテ 롯데 重光武雄 重光昭夫 1948年 110兆8000億ウォン ロッテ製菓ロッテ電子ロッテ物産
現代重工業 현대중공업 鄭周永 閔季植 1972年 54兆3000億ウォン 現代重工業現代尾浦造船 [注 2]
GS GS 許昌秀 2004年 62兆ウォン GSホールディングスGSカルテックス [注 3]
韓進 한진 趙重勲 趙亮鎬 1945年 29兆1000億ウォン 大韓航空韓進交通韓進観光サービス
ハンファ 한화 金鍾喜 金升淵 1952年 58兆5000億ウォン ハンファハンファケミカル
斗山 두산 朴承稷 朴廷原 1896年 30兆4000億ウォン
  1. ^ 2018年5月時点
  2. ^ 2002年、現代自動車グループから独立
  3. ^ 2005年、LGグループから独立

問題点編集

財閥のトップは、自グループ内はもちろんのこと政界や経済界にも強い影響力を発揮する。仮に犯罪行為を犯して収監されても、早期に仮釈放させて国の経済に貢献させよという論調が出る社会構造となっている。例えば、1990年から2012年にかけて、しばしば韓国10大財閥のトップが横領背任、暴力行為等で逮捕されることがあったが、有罪判決を受けても大抵は執行猶予が付くとともに頃合いを見て特赦が与えられ、犯罪行為自体が無かったも同然となっており[2]、「有銭無罪」と批判されている[3]

また、金升淵崔哲源趙顕娥など、財閥一族の横暴な行為(韓国では「カプチル」と呼ばれるパワーハラスメント)が繰り返されて問題になっており、映画(ベテラン)にもなっている。

2014年の大韓航空における、いわゆる「ナッツ・リターン」では、以前から存在した財閥企業の世襲同族経営の問題点が明るみになった。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ サムスン、LG、ロッテ…韓国経済を支える10大財閥とその行方”. 現代ビジネス (2019年2月2日). 2020年8月24日閲覧。
  2. ^ 韓国に世界がア然! 財閥経済犯に「釈放」待望論 先進国では考えられない… (3/3ページ)”. 夕刊フジ (2015年1月15日). 2018年8月1日閲覧。
  3. ^ [社説]イ・ジェヨンへの“温情判決”は有銭無罪の復活か”. ハンギョレ (2018年2月6日). 2019年8月31日閲覧。

外部リンク編集