貨物機(かもつき)とは、主に貨物の輸送を行う航空機のことで、貨物機を運行して航空貨物輸送業務を行う企業を貨物航空会社という。

輸送機とも称するが、この呼称は両方とも使用される。貨物機の呼称は民間航空だけに用いられている。軍用機で輸送機と呼ぶ場合、民間の旅客機に近い人員輸送用の航空機[1]も含む。(軍用機については輸送機を参照)

英語では「freighter」「airlifter」「cargo aircraft」などと称される。

目次

概要編集

 
カーゴルックス航空 ボーイング747-400F のノーズドア
 
ボーイング747LCF ドリームリフターのスイングテイル
 
ボーイング737のコンビ機型である-200C

初期の貨物機は、専用の設計で作られたものは少なく、郵便輸送など貨物便として用いられた機体はあったものの、旅客・貨物の双方の輸送が行えるものが主流であった。

貨物機が発達したのは、第二次世界大戦後のことである。これは、航空輸送が活発となって航空機が大型となったことと、民間分野においても航空機による大型貨物や大量の物資の輸送に対する需要が出てきたことに加え、旅客機は整備されたキャビンを持つようになってきたこともあり、貨物を運ぶにあたっては、機内を専用設計としたほうが有利であったことによる。

現代の貨物機は旅客機を改設計し、機内を改装したものが多い。機種にもよるが、外見的にはキャビン窓や非常用脱出口がない代わりに荷物積み降ろし用の大型のカーゴドアを持つといった程度の違いしかない。構造的には、重い荷物に対応するためメインデッキの床が強化され、またペイロードを増やすために主翼付け根部分(翼胴接合部)の強化およびそれに伴う着陸重量の増加に見合う降着装置の強化などが行われる。軍用輸送機では、積み下ろしの利便性から高翼配置が主流となっているが、民間貨物機では旅客機ベースの設計のため低翼配置が主流となっている。

また、ボーイング747 の一部や A300-600ST ベルーガなどのように機首部分がチルトアップする「ノーズドア」を持つものや、カナディアCL-44、ボーイング747-LCF などに見られる胴体後部が横方向に折れて開く「スイングテール」を持つものが存在する。

貨物機は旅客機より多くのペイロード[2]を積載するため、

  • 燃料消費が多くなる
  • 最大ペイロードの限界まで積載した場合、最大離陸重量を超過しないよう、機種によってはタンク容量の半分程度しか燃料を搭載できない

という理由(相乗効果)により、一般に旅客機よりも航続距離が短い。このため、例えば極東 - 欧州路線では、現在ほとんどの旅客機が体制崩壊後のロシア上空を経由して 13 - 14 時間のフライトを実現しているが、貨物機ではこの距離をノンストップで飛行することが難しい(最新型機747-400F では一部可能となった)。したがって現在でも極東 - 欧州路線の貨物機はアンカレッジ給油を行う旧来のルートが健在である。

旅客機に大型のドアを追加し貨物機としても利用できようにした兼用機は『コンビ機』などと呼ばれ、旅客や貨物専用機では採算の取れにくい地方路線などで使用されている。

貨物機の一覧編集

 
世界最大の貨物機であるアントノフAn-225
各地で製造されたエアバス製旅客機等のコンポーネントを、トゥールーズの工場へと空輸するためにA300を改造して作られた特殊な大型輸送機。後継機のエアバス ベルーガ XLを製造中である。
ボーイングも同様の発想で、747-400Fを改造した機体 (747-400LCF) を数機使って、787のパーツを運んでいる。(2005年2月の発表)。
量産された機体としては世界最大。
世界最大の貨物機。複数のギネス記録を持つ。

出典・脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 形態は旅客機に近いとはいえ、軍用であるため機内設備は非常に質素である。ただし、政府専用機のような要人輸送機はこの限りではなく、各国の首脳や国王が搭乗するのに相応しい機内設備が設置されている。
  2. ^ ボーイング747貨物型で貨物重量100トン以上、これは旅客機における乗客、手荷物、機内食や飲料 / 便所の水などの合算重量の2倍を超える。
  3. ^ 旅客型の開発・納入の遅延による影響で2007年3月に航空会社からの発注を全て失い、現在は開発が中断され、実機は製造されていないが航空会社からの発注は受け付けている。

関連項目編集