メインメニューを開く

貯蔵タンパク質(ちょぞうタンパクしつ)は、生物によって使われる金属イオンアミノ酸の生物学的蓄えである。植物種子卵白などに含まれる。

フェリチンを貯蔵する貯蔵タンパク質の一例である。鉄はヘムの構成成分であり、輸送タンパク質ヘモグロビンシトクロム類に含まれている。

一部の貯蔵タンパク質はアミノ酸を貯蔵する。貯蔵タンパク質のアミノ酸は動物あるい植物の発生に用いられる。動物におけるアミノ酸貯蔵タンパク質にはカゼインオボアルブミンがある。

種子、特にマメ科植物のものは高濃度の貯蔵タンパク質を含んでいる。これらの種子の乾燥重量の最大25パーセントが貯蔵タンパク質からなっている。

脚注編集

  • Berg, Jeremy M.; Tymoczko, John L. and Stryer, Lubert (2002). Biochemistry (5th ed.). New York: W. H. Freeman. ISBN 0-7167-3051-0. 
  • Dunwell, J. M.; Khuri, S.; and Gane, P. J. (2000). “Microbial Relatives of the Seed Storage Proteins of Higher Plants: Conservation of Structure and Diversification of Function during Evolution of the Cupin Superfamily”. Microbiology and Molecular Biology Reviews 64 (1): 153–179. PMC: 98990. PMID 10704478. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC98990/. 
  • Shewry, P. R., and Halford, N. G. (2002). “Cereal Seed Storage Proteins: Structures, Properties and Role in Grain Utilization”. Journal of Experimental Botany 53 (390): 947–958. doi:10.1093/jexbot/53.370.947. PMID 11912237.