メインメニューを開く

貴ノ富士三造

日本の大相撲力士

貴ノ富士 三造(たかのふじ さんぞう、1997年5月13日 - )は、栃木県小山市出身[2]で、千賀ノ浦部屋(入門時は貴乃花部屋)に所属していた元大相撲力士[2]。本名は上山[3](かみやま つよし)[2][4]。身長190cm、体重157.2kg[2]。最高位は西十両5枚目(2019年9月場所)。趣味はトレーニング、音楽、好物は食べ物全般、嫌いなものは皮蛋ホルモン焼き。締め込みは深緑色。血液型はO型[1]

貴ノ富士 三造 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 貴公俊 → 貴ノ富士
本名 上山 剛
愛称 ツヨシ[1]
生年月日 (1997-05-13) 1997年5月13日(22歳)
出身 栃木県小山市
身長 190cm
体重 157.2kg
BMI 43.55
所属部屋 貴乃花部屋千賀ノ浦部屋
得意技 右四つ、寄り[1]
成績
現在の番付 引退
最高位 西十両5枚目
生涯戦歴 165勝112敗20休(40場所)
優勝 幕下優勝1回
データ
初土俵 2013年3月場所
引退 2019年9月場所
(番付上は2019年11月場所)
趣味 トレーニング、音楽[1]
備考
元・初切担当力士
2019年10月28日現在

同じ部屋の貴源治は双子の弟であり[2]、2016年の夏巡業から2017年春巡業まで、兄弟で初切を担当していた[5][6]。2018年3月場所にて自身が新十両に昇進したため、先に関取となっていた貴源治と合わせて、史上19組目の兄弟関取となった。その中で、双子は初の事例であった[7][8]

2018年11月場所までの四股名は貴公俊 剛(たかよしとし つよし)。旧四股名の由来は旧貴乃花部屋の大阪場所宿舎を提供していた龍神総宮社の祭主の名前(辻本公俊)からである。

来歴編集

父が日本人、母がフィリピン人という家庭に一卵性双生児の兄として生まれ、茨城県猿島郡境町で育った。大相撲入門後に公称出身地を茨城県から栃木県へ変更したのは『小山市は父親の出身地であり、また自らの出生地でもある』という理由だった[9]境町立境小学校2年から3年までサッカーを行い、4年生から5年生まで空手を習う。

境町立境第一中学校時代には、バスケットボールの茨城県中学選抜に選出され全国3位に入賞したほか[4]、中学2年生から3年生までキックボクシングを経験するなど、様々なスポーツをかじった[1][7]

入門編集

中学3年生の時、父親に勧められて弟と一緒に貴乃花部屋へ体験入門を行ったことがきっかけ[1]で、2013年(平成25年)に貴乃花部屋に入門し、同年3月場所で初土俵を踏み[2]前相撲デビューを果たした[4]。入門に関しては「相撲は未経験でも体格がよかったので、おもしろいかなという期待感はありました」と貴乃花が貴公俊の新十両昇進時に振り返っている[7]

2015年3月場所で新幕下に昇進して以降は幕下に定着。師匠の貴乃花の勧めで、2016年の夏巡業から弟の貴源治と共に初切を務めたが[10]、貴源治が新十両を決定させた2017年の春巡業を最後に降板した[11]

一時期は攻め込まれると足腰の動きがバラバラになる悪癖があったが、四股、鉄砲、すり足などの基本動作を繰り返して徐々に克服[7]

2017年3月場所では全勝すれば関取昇進の可能性が出てくる幕下15枚目以内の番付に初めて昇格したが2勝5敗で負け越し、しかも貴源治は幕下筆頭で勝ち越したことで場所後の番付編成会議で5月場所での新十両昇進が決まったため、嬉しさと同時に先を越されたことの悔しさもあることを露わにした[1][12]

新十両昇進編集

しかし翌場所から4場所連続で勝ち越しを決め、2018年1月場所を自己最高位の東幕下7枚目で5勝2敗と5場所連続の勝ち越し、過去の例では大半が幕下筆頭~3枚目に留められる成績だったが、当場所の十両に幕下陥落相当の成績に終わった力士が多かったこともあり、場所後の番付編成会議(2018年1月31日)で、3月場所での新十両昇進が決定した。これで、弟の貴源治と合わせて、史上初めての双子関取となった[8]

新十両昇進会見は師匠の貴乃花親方同席で行われた。弟が一足先に2017年5月場所で新十両に昇進したため、「うれしさと悔しさがあった」と貴公俊は語ったが、貴乃花は「未経験でよく5年で上がれた。悔しい思いもあったろうが、腐らずよくやってきた」と褒めた[13]

1度目の暴行事件編集

新十両の3月場所8日目、付き人を務めていた同部屋の序二段・貴西龍に対し、連絡ミスを理由として、取組後に支度部屋で暴行を加え、顔面打撲・口内裂傷などの負傷をさせたことにより、師匠・貴乃花より謹慎を言い渡されて、9日目より休場[14]。同年3月29日に開かれた理事会により、この問題に関して1場所(2018年5月場所)の出場停止処分を受けた[15]。示談は成立していたが場所後に相撲ファンから告発状が提出されたため大阪府警浪速署が捜査し、厳しい処分を求めないという意見書付きで6月5日付の書類送検となった[16][17]。大阪地検は6月13日に起訴猶予処分としている[18]

自主的に謹慎した時点では十両に在位していたが、貴乃花はちゃんこ番や雑用などの取的の仕事を課して出直しを図らせた[19]。同年5月場所には西幕下9枚目に陥落、処分明けの同年7月場所は西幕下49枚目で迎え、1番相撲から1不戦勝を含め6連勝。7番相撲(13日目)は自身と同じく十両在位経験者の白鷹山と幕下優勝を賭けて対戦し寄り切りで敗れたが、最終的に同場所を6勝1敗の好成績で終えた。

2018年10月1日の理事会で、千賀ノ浦部屋(小結・隆三杉)への移籍が承認された[20]2019年1月場所より、貴ノ富士 三造に改名。この四股名は、入門時の師匠の貴乃花が、玉ノ富士北の富士に肖って命名したものであり、部屋の移籍などが落ち着くのを待って名を改めた[21]。改名し幕下3枚目で迎えた場所で5勝2敗の成績を収め、1年ぶりの再十両が決まった[22]。東十両12枚目で迎えた7月場所では十両の優勝争いで1差の2位につけていたが、13日目 (7月19日)にトップに立つ剣翔に寄り切りで敗れた[23]。十両優勝はならなかったが、11勝4敗の好成績で勝ち越している。

2度目の暴行事件編集

2019年9月場所直前となる9月3日、自身2度目の暴行事件が発覚。8月31日の稽古総見を終えて部屋に戻った後、付け人の序二段力士の頭部を殴る暴行を加えた。9月2日に被害者力士ら3人が姿を消したため、師匠の千賀ノ浦が連絡をとって2日深夜に詳細を把握したという[24][25]。千賀ノ浦は3日に相撲協会の鏡山コンプライアンス部長に報告し、9月場所の出場自粛の申し出が了承された[26]。芝田山広報部長は「付け人に外傷はない」と伝えた一方で「同じことを繰り返すなんて、とんでもない話」と切り捨て、2度目の暴行事件とあって解雇を含む厳罰の必要性が取り沙汰された[27]

相撲協会はコンプライアンス委員会(青沼隆之委員長=元名古屋高検検事長)に調査を依属し、同委員会は9月5日から調査を開始した[28][29]。9月場所開催中の19日の会合では千賀ノ浦と弟の貴源治が同席で貴ノ富士本人より弁明を聞き、処分意見を検討したうえで[30]、結果を八角理事長に答申した[31]。処分は26日の協会理事会で決まる見通しであったが、貴ノ富士は25日にスポーツ庁に上申書を提出した。協会のコンプライアンス委員会や師匠の千賀ノ浦から引退を勧告されているとし、24日には同協会に寛大な処分を求める要望書を提出しているという[32][33]。「処分を受けるのは覚悟しているが、少なくとも引退勧告や懲戒解雇は行き過ぎ」と代理人弁護士は述べている[34]

9月26日、相撲協会は定例理事会に貴ノ富士、弟の貴源治、師匠の千賀ノ浦3人を呼び、処分内容を通達。貴ノ富士に対して協会は自主引退を促する決議をし[35]、八角理事長は自主引退を受け入れるか師匠の千賀ノ浦と相談するよう指示して謹慎を通告した[36]

協会が発表した文書によると、協会コンプライアンス委員会の調査で以下の事が判明したという。

  • 貴ノ富士は、2019年5月~7月頃に千賀ノ浦部屋や同部屋の宿舎で新弟子4人(序二段3人、序ノ口1人)に対し、仕事を忘れたり失敗をしたときに「障がい者」呼ばわりをする差別的な発言を繰り返した。7月場所が始まる頃には、新弟子の物覚えが悪いと1人に「ニワトリ」、1人に「ヒヨコ」、1人に「地鶏」というあだ名をつけて呼び、「おい、ニワトリ」と声をかけた際に新弟子が「はい」と返事をすると「コケ」と返事をするよう強要[37]。8月31日の稽古総見から帰った後、付け人の新弟子が挨拶をしないまま自分より先に風呂に入ったことに立腹し、風呂から上がった際にバスタオルを渡そうとした新弟子の額を右手の手拳で1回殴打した[38]。被害を受けた新弟子は頭にこぶができ、数日間痛みが残った[39]
  • 貴源治は、新弟子に対して指導の範囲を逸脱した理不尽な行為を行っていた。5月~7月までの間、新弟子4人の失態・挨拶をしなかったことに対して「腕立て伏せ、罰金、外出禁止のどれかを選べ」などと命じ、新弟子の誰かが失敗すると連帯責任として4人全員に罰を与えていた。また7月場所中に他の力士がいる前で1人に片腕を頭上に挙げる格好をさせて「自分は頭が悪いです」と言うよう命じ、その様子をスマートフォンで録画する動作もしていた[40]

本件で貴源治はけん責の懲戒処分、千賀ノ浦は監督責任を問われ報酬減額6ヵ月(20%)の処分となった[41]

芝田山広報部長は「理事会では引退止むなしという意見だった。だが、まだ22歳と若く、今後の人生も長い。自主引退を促すというのは理事会の温情とも言える。あとは、本人がどう判断するか」と話した。協会の処分に応じない場合、コンプライアンス委員会に追加答申を求め、それを受けて臨時理事会で処分を決定するという。貴ノ富士は2018年10月に旧貴乃花部屋から千賀ノ浦部屋に移籍のとき「暴力やいじめをしない」「違反した場合は引退する」という誓約書を千賀ノ浦に提出しており、その誓約が守られなかったかたちともなっている[42][43]

理事会翌日の27日、貴ノ富士は協会の決定を不服として代理人弁護士を伴い文部科学省で記者会見を行った[44]。会見中で貴ノ富士は新弟子に対しての差別発言と暴力行為を事実であると認め、「中卒で何も分からない中で、生半可な優しさじゃダメだと思ってた。そういうふうに育ててきてもらった。そういう気持ちを持ってもらいたいと指導してきた」と弁明[45]。「今回の処分はあまりに重く受け入れられません。中学から憧れ、この世界に入り、きつい稽古に耐え、相撲道に一歩ずつ歩んできた私には相撲しかない。本件の暴行という愚かな行いを反省し、自らの身を戒め、土俵に戻って相撲道に精進したい」と話し[46]、また「(研修内容が協会員に対して)正直伝わっていない」「手を出さない代わりにどういうふうに指導しなければいけないのか教えてもらっていない」と協会を非難した[47]。この会見は“議論のすり替え”との印象が強く、批判的な意見が大半を占めた[48]

この会見を受けて相撲協会は「理事会は貴ノ富士に自主引退を促しており、まだその正式な返答がありませんので、コメントすることはありません」と発表した。芝田山広報部長は「(自主引退を)受け入れるのか、受け入れないのか、本人が言うべき」とコメントしている[49]

28日、両国国技館佐ノ山の襲名披露大相撲が行われ、貴源治がマスコミの取材に応じた。貴源治は自らけん責処分を受けたことについて反省の弁を述べ、兄の二度目の暴力についても謝罪、差別的な発言があったことも認めた。前日の兄の会見については千賀ノ浦の反対を押し切ったことが明かされており、「会見を開くと報道で知り『やめた方がいい』と言いました。それから連絡が取れなくなりました」「兄貴もうすうす戻れないと思っているのでは」と話している[50][51]。同日、貴ノ富士の代理人は今後の対応について「お答えできません」と言葉を濁した[52]

9月27日の会見以降、貴ノ富士は千賀ノ浦部屋に不在で接触できない状態であることを10月2日の朝稽古後に千賀ノ浦が明かした[53][54][55]

10月4日には貴源治もずっと連絡が取れていない状況を明かし、「協会に残れないのは誰もが分かること。兄貴が自ら招いた問題。自分でしっかり責任を取らないといけない」「親も兄貴のことを心配して疲れ切っていた。仕事が身に入らないと言っていた。申し訳ない」と話した。また暴行事件の反響について、「先代(元貴乃花親方)や親の教えを批判している人がいる。これは個人の問題で、先代もうちの親も関係ない。自分と兄貴が言われることは仕方ないけれども、勘違いしてほしくない。自分を関取に育ててくれた親方ですから」と述べている[56][57]

同月7日の朝稽古後の千賀ノ浦の話によると、第三者から情報を得て、都内のマンションで生活している貴ノ富士を毎日訪れているという。「顔見て話をしたい。何度かマンションに行っているが全く応答がない(住んでいるのは)1人じゃないみたいですよ」「親心としては(解雇ではなく自ら引退して)退職金をもらった方がいい。経歴に傷が付く?そういうのもありますから。(暴力を)2回やっちゃ駄目なんですよ」と話した[58]。また同日、芝田山広報部長が貴ノ富士が代理人弁護士を通じて11日までに文書で進退を明らかにする意向であると連絡してきたことを明かした。協会は9月29日に意思確認のため千賀ノ浦を通じて「30日午後2時に師匠とそろって(協会に)来るように」と伝えたが、貴ノ富士は「弁護士が対応するから自分は行かない」と師匠にショートメールをしてきたという。貴ノ富士は9月30日以降は千賀ノ浦の電話にも出ていない[59]。代理人弁護士は協会との協議日程を複数指定、協会はその希望を尊重して10月3日に貴ノ富士が同席しての面談を設定したが、再発防止策に対する不満を理由に断られ実現しなかったという[60][61]

代理人弁護士は千賀ノ浦に対し、貴ノ富士に会わないように通告してきたという。貴ノ富士が引退を受け入れず懲戒解雇となった場合は退職金が出ないため、その前に親方が引退届を提出し『強制引退』させる方法も存在する[62]が、「本人と話して、自分(貴ノ富士)から出す方向に持っていってあげたい」と千賀ノ浦は話していた[63][64][65]。しかし9日、「向こうの弁護士から“もう(接触を試みるのは)やめてくれ”と言われたから。会って話したいんですけど…」と貴ノ富士との対面を断念したことを明らかにした[66]。着信音は鳴るため電話の着信拒否はされていないと思われるものの[67]、「(7日午後に)『携帯電話にかけないように』と(代理人弁護士から)連絡があり、それ以降はしていない」と述べている[68]

10日には相撲協会に設置されている「大相撲の継承発展を考える有識者会議」(山内昌之委員長=東京大名誉教授)[69]の会合が行われ、貴ノ富士に対し自主引退を促した協会の判断を支持する考えで一致した。山内委員長は記者会見で「差別的発言をしたことも深刻。弟弟子への思いやりが感じられない。自主引退を勧めることで、貴ノ富士の将来にも配慮している」と述べた[70][71]。会合では「まず被害者の将来を協会は守らなければならない。(処分へ)厳しい意見も出た」という[72]

引退へ編集

2019年10月11日、貴ノ富士は相撲協会に引退を届け出たと代理人弁護士が文書で発表した。引退の理由を「協会の将来に失望しました。仮に、今回の処分の不当性が公に認められたとしても、今の協会内、相撲部屋内に私が戻るところはないでしょう」「協会とのやりとりに疲れ果てましたので引退を決意することを決意しました」などとしている[73][74][75]。同日、日本相撲協会は貴ノ富士の引退届を受理したと発表し、貴ノ富士の現役引退が正式に決定した[76]。この日、千賀ノ浦は協会を訪れ、部屋としての再発防止策を提出した[77]。夜7時ごろには貴ノ富士から謝罪の電話を受けたという[78]

芝田山広報部長は「相撲協会は寛大。将来のことがあるから。協会は(ここまで)待った」としながらも「師匠とは最後まで接触しなかった。前代未聞」とコメントしている。協会としても同じ力士が2度も暴行問題を起こしたことは重く受け止め、10月に臨時理事会を開いて審議し、改めてコンプライアンス委員会に再発防止策に関する検討を委嘱するという[79]

部屋関係者を信用しない姿勢から周囲の協力を得られず孤立化し、仮に法廷闘争に持ち込んだとしても情状酌量に協力する者が十分に現れるかどうか疑わしい状況となっていた。このことからも貴ノ富士は協会に対する係争を断念して引退を決意したと見られる[48]

出身地登録をしている小山市では、小山市出身力士を応援する会・会長でもある大久保寿夫市長が「暴力は許されるべきではありません。残念です」とコメントを発表した[80]。また元師匠である貴乃花の応援会発起人で貴ノ富士・貴源治の双子後援会にも関わる河内家菊水丸は16日にスポーツニッポンに寄稿、2018年3月に貴ノ富士が起こした一度目の暴行事件によって師匠であった貴乃花が協会内で立場を失い、屈辱的な平年寄降格の半年後に退職に至ったことを指摘した。この事の重大性を理解せずに二度目の暴行事件を起こし、協会に促された自主引退を「受け入れられない」と弁護士を立てたその対応を「呆れ返った行為」としている[81]

11月場所までに日本相撲協会からの正式な引退発表はなく、同場所は休場として扱われている[82]

エピソード編集

十両昇進時のプロフィール編集

  • 十両昇進に際して、化粧廻しは龍神総宮社、小山市出身力士を応援する会、後援会の会社から各1本を贈呈されている。その内、小山市出身力士を応援する会が贈呈した化粧廻しは、貴源治のもとの合わせると1枚の絵になるデザインとなっている[1]
  • 目標の力士は師匠の貴乃花。「自然体でどっしり構え、どんな力士が来ても負けない相撲を目指したい」というのが本人の弁[1]
  • 好きな歌手はケツメイシ[1]
  • 好きな番組はダウンタウンとんねるず司会を務める番組、しゃべくり007[1]
  • 好きな色は、系統[1]

主な成績編集

通算成績編集

  • 通算成績:165勝112敗28休(40場所)
  • 十両成績:20勝19敗21休(3場所)

各段優勝編集

幕下優勝:1回(2019年5月場所)

場所別成績編集

 
貴ノ富士 三造
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2013年
(平成25年)
x (前相撲) 西序ノ口13枚目
5–2 
東序二段61枚目
5–2 
東序二段25枚目
3–4 
東序二段46枚目
5–2 
2014年
(平成26年)
西序二段9枚目
3–4 
西序二段26枚目
5–2 
西三段目92枚目
3–4 
東序二段9枚目
5–2 
東三段目74枚目
6–1 
東三段目19枚目
4–3 
2015年
(平成27年)
西三段目6枚目
5–2 
西幕下42枚目
4–3 
東幕下37枚目
2–5 
東幕下57枚目
4–3 
東幕下47枚目
5–2 
東幕下28枚目
1–6 
2016年
(平成28年)
西幕下53枚目
6–1 
西幕下38枚目
3–4 
西幕下45枚目
3–4 
西幕下53枚目
6–1 
西幕下24枚目
2–5 
東幕下39枚目
4–3 
2017年
(平成29年)
西幕下30枚目
6–1 
東幕下11枚目
2–5 
東幕下25枚目
4–3 
東幕下21枚目
4–3 
西幕下15枚目
4–3 
西幕下11枚目
4–3 
2018年
(平成30年)
東幕下7枚目
5–2 
東十両14枚目
3–6–6[83] 
西幕下9枚目
出場停止
0–0–7
西幕下49枚目
6–1 
西幕下21枚目
5–2 
東幕下10枚目
5–2 
2019年
(平成31年
/令和元年)
東幕下3枚目
5–2 
西十両13枚目
6–9 
西幕下2枚目
優勝
7–0
東十両12枚目
11–4 
西十両5枚目
休場[84]
0–0–15
西幕下5枚目
引退
––[85]
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 貴公俊 剛(たかよしとし つよし)2013年3月場所 - 2018年11月場所
  • 貴ノ富士 三造(たかのふじ さんぞう)2019年1月場所-2019年11月場所

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『相撲』2018年3月号 p.20-21
  2. ^ a b c d e f 貴乃花部屋紹介┃貴乃花部屋 TAKANOHANA BEYA”. 貴乃花部屋. 2017年7月13日閲覧。
  3. ^ 『相撲』誌では2019年5月号まで「染谷」と記載されていた(6月号では十両以下各段優勝者紹介で貴源治とともに上山と記載されたが、幕内・十両力士の略歴一覧表では貴源治の本名の姓は染谷となっていた)
  4. ^ a b c “貴乃花部屋ツインズが白星発進 親方は「まだまだ努力が必要」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年3月13日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/03/13/kiji/K20130313005381720.html 2017年7月13日閲覧。 
  5. ^ “貴公俊&貴源治が双子「初っ切り」デビュー”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年8月14日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1694622.html 2017年7月13日閲覧。 
  6. ^ “貴乃花部屋、双子力士が初っ切りデビュー 大相撲夏巡業”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年8月14日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/08/14/kiji/K20160814013163900.html 2017年7月13日閲覧。 
  7. ^ a b c d 『大相撲ジャーナル』2018年3月号 p10
  8. ^ a b “初の双子関取貴公俊、炎鵬は最速出世/春場所新番付”. 日刊スポーツ. (2018年2月26日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201802250000957.html 2018年2月26日閲覧。 
  9. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年6月号(夏場所総決算号) 98頁
  10. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2016年9月号(秋場所展望号) 78頁
  11. ^ “双子力士の貴公俊&貴源治、最後の初っ切り披露”. 日刊スポーツ. (2017年4月30日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1815904.html 2017年7月19日閲覧。 
  12. ^ “貴源治の双子の兄・貴公俊、弟の昇進に「涙出る程悔しい」”. スポーツ報知. (2017年3月30日). http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170329-OHT1T50270.html 2017年7月19日閲覧。 
  13. ^ 終始にっこり貴乃花親方 双子の同時関取に 毎日新聞2018年1月31日 19時28分(毎日新聞社、2018年2月26日閲覧)
  14. ^ 貴公俊が暴力行為で休場 貴乃花親方「深刻なこと」 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年3月19日). 2019年2月10日閲覧。
  15. ^ “貴乃花親方2階級降格で年寄に 3カ月で月給半額”. 日刊スポーツ. (2018年3月29日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201803290000508.html 2018年3月29日閲覧。 
  16. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2018年6月7日). “傷害容疑、大相撲の貴公俊を書類送検 大阪府警” (日本語). 産経WEST. https://www.sankei.com/west/news/180607/wst1806070037-n1.html 2018年9月22日閲覧。 
  17. ^ “貴公俊を書類送検「寛大な処分」求める意見付き - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. (2018年6月7日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201806070000247.html 2018年9月22日閲覧。 
  18. ^ “貴公俊を不起訴=大阪地検:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. (2018年6月13日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061301029&g=soc 2018年9月22日閲覧。 
  19. ^ 貴乃花親方「私の行動で負担」貴公俊はちゃんこ番に 日刊スポーツ 2018年3月21日9時28分(日刊スポーツ、2018年4月12日閲覧)
  20. ^ “貴乃花親方、角界去る 力士らの移籍承認で貴乃花部屋は消滅”. SANSPO.COM. (2018年10月1日). https://www.sanspo.com/sports/news/20181001/sum18100114100005-n1.html 2018年10月1日閲覧。 
  21. ^ “貴公俊 初場所から新しこ名「貴ノ富士」に、元貴親方が命名”. スポニチアネックス. (2018年12月11日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/12/11/kiji/20181210s00005000380000c.html 2018年12月25日閲覧。 
  22. ^ 貴公俊あらため貴ノ富士、1年ぶりの十両返り咲き - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年1月30日). 2019年2月5日閲覧。
  23. ^ 貴ノ富士 十両V争いでトップの剣翔に敗れ2差に「勝負以前の問題」”. スポニチAnnex(2019年7月19日). 2019年7月26日閲覧。
  24. ^ 貴ノ富士 また暴行 弟弟子に腹立て頭部殴打 芝田山広報部長「繰り返し一番重い」”. スポニチAnnex(2019年9月4日). 2019年9月4日閲覧。
  25. ^ 十両・貴ノ富士、また付け人に暴力 コンプラ委が調査へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2019年9月3日). 2019年9月4日閲覧。
  26. ^ 貴ノ富士また付け人に暴力!秋場所休場 協会調査へ - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年9月3日). 2019年9月4日閲覧。
  27. ^ 暴力“再犯”貴ノ富士に協会は怒り 解雇の可能性も 日刊スポーツ 2019年9月3日21時44分(2019年9月4日閲覧)
  28. ^ 暴力行為の貴ノ富士を聞き取り調査” (日本語). 毎日新聞(2019年9月7日). 2019年9月9日閲覧。
  29. ^ 貴ノ富士、暴力問題で1時間半聞き取り コンプライアンス委員会(スポニチ)” (日本語). 毎日新聞(2019年9月8日). 2019年9月9日閲覧。
  30. ^ 貴ノ富士が暴力問題弁明 処分決定は26日理事会へ - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年9月20日). 2019年9月20日閲覧。
  31. ^ 貴ノ富士の暴力問題で答申=相撲協会のコンプライアンス委:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム(2019年9月19日). 2019年9月20日閲覧。
  32. ^ 貴ノ富士、協会からの引退勧告でスポーツ庁に上申書 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年9月25日). 2019年9月25日閲覧。
  33. ^ 引退勧告の貴ノ富士「適切措置」スポーツ庁に上申書 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年9月25日). 2019年9月25日閲覧。
  34. ^ 貴ノ富士関、スポ庁に上申書提出 暴力問題、適切な措置求める(共同通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年9月25日閲覧。
  35. ^ 貴ノ富士に引退勧告 相撲協会、昨年に続く暴行で SANSPO.COM 2019.9.26 17:30(2019年9月27日閲覧)
  36. ^ 貴ノ富士、11日までに意向を回答 引退かは不明” (日本語). 日本経済新聞 電子版(2019年10月7日). 2019年10月9日閲覧。
  37. ^ 相撲協会が自主引退を促した貴ノ富士の“悪質すぎる言動” – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社(2019年9月26日). 2019年9月26日閲覧。
  38. ^ 貴ノ富士と貴源治、日本相撲協会が発表した2力士事案要旨(スポーツ報知)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年9月27日). 2019年9月29日閲覧。
  39. ^ 貴ノ富士が差別的発言繰り返す 協会が暴行詳細発表(日刊スポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年9月26日). 2019年9月26日閲覧。
  40. ^ 貴源治と千賀ノ浦親方処分 新弟子に「理不尽」行動” (日本語). gooニュース (2019年9月26日). 2019年9月27日閲覧。
  41. ^ 貴ノ富士に事実上の引退勧告 日本相撲協会” (日本語). 毎日新聞(2019年9月26日). 2019年9月26日閲覧。
  42. ^ 2019年9月27日 新潟日報 朝刊 24面記事
  43. ^ 貴ノ富士、法廷闘争も…相撲協会が「自主引退」促す決議(サンケイスポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年9月27日). 2019年9月27日閲覧。
  44. ^ 貴ノ富士関が現役続行を希望 暴力で自主引退促される(共同通信)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年9月27日). 2019年9月27日閲覧。
  45. ^ 貴ノ富士「不快な思いをさせた」差別的発言認める(日刊スポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年9月27日). 2019年9月27日閲覧。
  46. ^ 【速報】「相撲しかない」貴ノ富士、暴行と差別発言を認めるも、現役続行を希望(フジテレビ系(FNN))” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年9月27日). 2019年9月27日閲覧。
  47. ^ 貴ノ富士 協会の研修内容「正直伝わっていない」(日刊スポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年9月27日). 2019年9月27日閲覧。
  48. ^ a b 【相撲】貴ノ富士が電撃引退 自ら招いた孤立 2019年10月12日 16時30分 東スポWeb(2019年10月13日閲覧)
  49. ^ 芝田山部長「常識、非常識わきまえて」貴ノ富士の会見に疑問 自主引退の回答求める/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2019年9月28日). 2019年9月28日閲覧。
  50. ^ 貴源治「やめた方がいい」貴ノ富士会見制止も実らず - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年9月28日). 2019年9月28日閲覧。
  51. ^ 共同通信 (2019年9月28日). “貴源治、けん責に反省の弁 貴ノ富士の弟、指導逸脱行為 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2019年9月28日閲覧。
  52. ^ 貴ノ富士に弟・貴源治が会見中止を訴えていた「育った環境は同じだが考え方は違う」” (日本語). スポーツ報知 (2019年9月29日). 2019年9月29日閲覧。
  53. ^ 貴ノ富士、謹慎中なのに部屋にいない 連絡も取れず - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年10月3日). 2019年10月3日閲覧。
  54. ^ 千賀ノ浦親方、貴ノ富士と接触できず「部屋にはいない」” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年10月3日). 2019年10月2日閲覧。
  55. ^ 相撲協会から謹慎を科されていた貴ノ富士、外出していたことが発覚” (日本語). ライブドアニュース(2019年10月3日). 2019年10月3日閲覧。
  56. ^ 貴源治 音信不通の兄・貴ノ富士を心配しつつも「協会には残れない。責任を取るべき」”. スポニチAnnex(2019年10月4日). 2019年10月4日閲覧。
  57. ^ 「兄は責任取るべき」 貴源治、拒む貴ノ富士へ引退促す(朝日新聞デジタル)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年10月4日). 2019年10月4日閲覧。
  58. ^ 千賀ノ浦親方 音信不通の貴ノ富士と「顔見て話をしたい」、マンション訪れるも応答なし”. スポニチAnnex(2019年10月7日). 2019年10月7日閲覧。
  59. ^ 2度目暴力の貴ノ富士、進退は11日までに表明へ(スポーツ報知)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年10月7日). 2019年10月7日閲覧。
  60. ^ 日本放送協会. “貴ノ富士 11日までに意向を相撲協会に回答へ 引退問題”. NHKニュース(2019年10月7日). 2019年10月7日閲覧。
  61. ^ 貴ノ富士、11日までに意向を回答 引退かは不明” (日本語). 日本経済新聞 電子版(2019年10月7日). 2019年10月7日閲覧。
  62. ^ 1987年に双羽黒(北尾光司)の引退届を6代立浪が出して受理されている。また2014年の貴斗志の引退については「本人の同意なく貴乃花に決められた引退」であるとして貴斗志側が日本相撲協会を相手取り幕下力士としての地位確認などを求める訴訟を起こしている(その後、和解)。
  63. ^ 師匠、貴ノ富士との協議求める 独断での引退届提出は否定的” (日本語). 47NEWS(2019年10月8日). 2019年10月8日閲覧。
  64. ^ 千賀ノ浦親方、貴ノ富士“強制引退”には否定的「自分から引退届を出すよう…」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2019年10月8日). 2019年10月8日閲覧。
  65. ^ 引退勧告騒動は泥沼化 貴ノ富士に千賀ノ浦親方が涙の訴え – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社(2019年10月8日). 2019年10月8日閲覧。
  66. ^ 千賀ノ浦親方、貴ノ富士問題について今後は静観する考え”. スポニチAnnex(2019年10月10日). 2019年10月10日閲覧。
  67. ^ 千賀ノ浦親方、貴ノ富士との協議求める 独断での引退届提出は否定的” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年10月9日). 2019年10月10日閲覧。
  68. ^ 貴ノ富士代理人から千賀ノ浦親方に「携帯電話にかけるな」通告” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年10月10日). 2019年10月10日閲覧。
  69. ^ 紺野美沙子「責任感じる」相撲の有識者会議初会合 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年6月22日). 2019年10月10日閲覧。
  70. ^ 共同通信 (2019年10月10日). “「自主引退促す」の協会判断支持 貴ノ富士関の問題で有識者会議 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2019年10月10日閲覧。
  71. ^ 「自主引退促す」の協会判断支持 貴ノ富士関の問題で有識者会議” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ(2019年10月10日). 2019年10月10日閲覧。
  72. ^ 貴ノ富士問題で厳しい意見も…有識者会議に王貞治氏ら出席” (日本語). gooニュース (2019年10月11日). 2019年10月11日閲覧。
  73. ^ 付け人への暴力、貴ノ富士が引退「協会に失望した」 : 大相撲 : スポーツ : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2019年10月11日). 2019年10月11日閲覧。
  74. ^ 共同通信 (2019年10月11日). “十両貴ノ富士関が現役引退へ 暴力行為、事実上の勧告 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2019年10月11日閲覧。
  75. ^ 暴行の貴ノ富士が引退「協会の将来に失望」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2019年10月11日). 2019年10月11日閲覧。
  76. ^ 貴ノ富士関の現役引退が正式決定」『共同通信』、2019年10月11日。2019年10月11日閲覧。
  77. ^ 暴力問題の貴ノ富士、引退を受け入れ 協会に届け出(朝日新聞デジタル)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年10月11日). 2019年10月11日閲覧。
  78. ^ 引退の貴ノ富士、自ら電話し千賀ノ浦親方に謝罪 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年10月12日). 2019年10月12日閲覧。
  79. ^ 暴行で引退の貴ノ富士へ退職金 広報部長「師匠とは最後まで接触しなかった。前代未聞」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2019年10月11日). 2019年10月11日閲覧。
  80. ^ 貴ノ富士関 現役引退 「新しい道で頑張れ」小山市民|社会,スポーツ|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)” (日本語). 下野新聞 SOON(2019年10月12日). 2019年10月17日閲覧。
  81. ^ 菊水丸店主 珍宝堂 ありえない!!貴ノ富士の独り相撲”. スポニチAnnex(2019年10月16日). 2019年10月17日閲覧。
  82. ^ 休場力士情報” (日本語). 日本相撲協会公式サイト. 2019年11月9日閲覧。
  83. ^ 暴行問題の謹慎のため、9日目から途中休場
  84. ^ 暴行問題の謹慎のため全休
  85. ^ 9月場所後の10月11日に引退届提出 番付記載のみ

関連項目編集

外部リンク編集