メインメニューを開く

貴志 弥次郎(彌次郎、きし やじろう、1873年明治6年)6月26日[1][注 1] - 1938年昭和13年)1月27日[1][2])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴編集

和歌山県出身[1][2][3]。貴志正恒の弟で、貴志一郎の養子となる[1]陸軍幼年学校を経て、1895年(明治28年)2月、陸軍士官学校(6期)を卒業[1][2][4]。同年5月、歩兵少尉に任官し近衛歩兵第2連隊付となる[1][3]。1901年(明治34年)10月、陸軍大学校(18期)に入学するが、日露戦争期であったため1904年(明治37年)2月9日一時中退し、1906年(明治39年)3月20日に復校し、1906年(明治39年)11月28日に卒業した[2][4][5]。この間、歩兵第20連隊中隊長、第3軍参謀として日露戦争に出征した[1]

1906年11月、陸軍省軍務局出仕となり、その後、歩兵第3連隊付、歩兵第34連隊大隊長、東三省総督招聘(奉天武備学堂教官)、参謀本部付、参謀本部員、歩兵第60連隊付、陸軍歩兵学校教官などを務めた[1]。1914年(大正3年)8月、支那駐屯軍司令部付(済南駐在)を経て、1915年(大正4年)11月、歩兵大佐に昇進し青島守備軍司令部付(済南駐在)となり、青島の戦いにおいて情報収集を行った[1][3]

1918年(大正7年)3月、歩兵第66連隊長に転じ、1919年(大正8年)7月、陸軍少将に進級し歩兵第31旅団長に就任[1][3]。関東軍司令部付(奉天特務機関長)を経て、1924年(大正13年)8月、陸軍中将に進み下関要塞司令官に就任した[1][2][3]。1925年(大正14年)5月、予備役に編入された[1][2][3]。その後、大日本国粋会理事長を務めた[1]

栄典編集

親族編集

  • 養子 貴志重光(陸軍少佐)[1]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『日本陸軍将官辞典』251頁では明治7年。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『日本陸海軍総合事典』第2版、54頁。
  2. ^ a b c d e f 『日本陸軍将官辞典』251頁。
  3. ^ a b c d e f 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』120頁。
  4. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』118、120頁。
  5. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版。54、554頁。
  6. ^ 『官報』第8666号「叙任及辞令」1912年5月11日。
  7. ^ 『官報』第3888号「叙任及辞令」1925年8月8日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。