メインメニューを開く

買ッテ来ルゾト勇マシク』(かッテくルゾトいさマシク)は、1973年6月3日から同年9月30日まで日本テレビ系列局(放送当時フジテレビ系列とのクロスネット局だった広島テレビテレビ長崎テレビ大分鹿児島テレビ[1]、事実上NETテレビ系列とのクロスネット局だった日本海テレビを含む)および熊本放送TBS系列)、テレビ宮崎(放送当時フジテレビ系列単独加盟局[2])で放送された読売テレビ製作のゲームバラエティ番組である。全16回。放送時間は毎週日曜 19時30分 - 20時00分 (JST) 。

買ッテ来ルゾト勇マシク
ジャンル ゲームバラエティ番組
出演者 坂本九
柏木由紀子
制作 読売テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年6月3日 - 1973年9月30日
放送時間 日曜 19:30 - 20:00
放送分 30分
回数 16
テンプレートを表示

タイトルは軍歌露営の歌」の歌い出しをもじったもので、同曲の替え歌をテーマソングに用いていた。

概要編集

芸能人と一般視聴者がペアになって(末期は全て芸能人)、50万円相当の買い物に挑戦するゲーム番組として放送された。きっかり50万円分買わないと買い物した全商品を獲得できないとのルールが本番組の特色である。

出演者編集

ルール編集

出場者は、芸能人と一般視聴者のペアが3組。コーナーは大別して「買い物コーナー」と「キャッシュコーナー」の2つがあり、さらに「買い物コーナー」は商品によって3つに分けられていた。

買い物コーナー編集

3つともルールは同じで、画面向かって右からベルトコンベアーに流れてくる商品の中から好きな商品が有ったら、自分の席まで自分で持っていく。ゲーム開始時に坂本が「買い物、スタート!!」(後に「ベルト、スタート!!」)とコールする。なお商品が買えるのは商品が見えている間で、商品が見えなくなったら、「あの商品、欲しかったな」と思っていても、もう買うことはできない。商品はコーナーによって、次の3種類に分けられる。

  • 第1コーナー…家庭用商品を買うコーナー。
  • 第2コーナー…「いじわるコーナー」と銘打ち、便器墓石といった(当時)値段が全く分からない物を買うコーナー。
  • 第3コーナー…お宝グッズ(著名人が使った物)を買うコーナー(末期は高級品に変更)。なお途中で獲得合計額が45万円を越えると「パフパフパフ!!」とラッパの音が出て、参加者の参考となる。

キャッシュコーナー編集

調整のコーナー。まず出場ペアが前に出て、今までどれくらい買ったかを予想して口答する。

  • この時、視聴者と観客のみに真の獲得合計額が見せられる。そのため、観客の「ウォーッ!!」とか「エーッ!?」といった歓声も充分参考になる。

その後、目の前に出された「キャッシュケース」(一万円札・五千円札・千円札・五百円札・百円札がそれぞれ10枚ずつ入っている)から、制限時間20秒の間に、代表者は紙幣を好きなだけ取っていく。

終わったら獲得合計額を発表し(ドラムロールと共に坂本がキャッシュを確認して「○万円が何枚」という風に金額を言って「合計金額いくら!!」と言う)、獲得合計額が50万円だったら「ピタリ賞」となってくす玉が割れて大量の紙吹雪風船紙テープが舞い、全品物を獲得。49万5,000円以上50万円未満だったら「スレスレ賞」となり、全品の中から5万円分だけ獲得(後期は1品だけ獲得)。50万円を越えたり49万5,000円未満だったら失敗、商品は獲得できない。

休止編集

注釈編集

  1. ^ 広島テレビ、テレビ長崎以外はNETテレビ系列にも加盟していた。
  2. ^ ANN・NNNへの加盟は後年だが、番組編成上はすでにニュースを含めた3系列クロスだった、
読売テレビ製作・日本テレビ系列 日曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
マドモアゼル通り
(ここまでドラマ)
買ッテ来ルゾト勇マシク
(1973年6月 - 1973年9月)