貸倒引当金繰入(かしだおれひきあてきんくりいれ)とは、リスク回避の為に貸方に計上される貸倒引当金に対して、借方に計上する勘定科目。勘定科目の5要素では費用に属する[1]。逆に貸倒引当金戻入[2]収益の勘定科目で処理する。

会計
主要概念
簿記 - 時価会計
現金主義 - 発生主義
環境会計
売上原価 - 借方 / 貸方
複式簿記 - 単式簿記
後入先出法 - 先入先出法
GAAP / US-GAAP
概念フレームワーク
国際財務報告基準
総勘定元帳 - 取得原価主義
費用収益対応の原則
収益認識 - 試算表
会計の分野
原価 - 財務 - 法定
基金 - 管理 -
財務諸表
貸借対照表
損益計算書
キャッシュ・フロー計算書
持分変動計算書
包括利益計算書
注記 - MD&A
監査
監査報告書 - 会計監査
GAAS / ISA - 内部監査
SOX法 / 日本版SOX法
会計資格
JPCPA - ACCA - CA - CGA
CIMA - CMA - CPA - Bcom
税理士 - 簿記検定
テンプレートを表示

会計処理には、差額補充法と洗替法があったが、洗替法は税法上を除き廃止された。[3]

出典編集

関連項目編集