資金調達(しきんちょうたつ、: Funding; financing)とは、事業に必要な資金を調達することをいう。

資金調達の手段編集

資金調達はデット・ファイナンス、エクイティ・ファイナンス、アセット・ファイナンスに分けられる[1]

デット・ファイナンス
他人資本(借入金など)による資金調達の方法[1]貸借対照表負債の部に対応しており元本の返済と金利の負担があるものをいう[1]
エクイティ・ファイナンス
自己資本を増やす増資、転換社債や従業員持株制度などによる資金調達の方法[1]。貸借対照表の資本の部に対応するものをいう[1]
アセット・ファイナンス(オフバランス・ファイナンス)
資産売却や売掛債権の売却(ファクタリング)、債権の証券化などによる流動化による資金調達の方法[1]。貸借対照表の資産の部に対応するものをいう[1]

新しい調達手法編集

『資金調達 完璧マニュアル』では、中小企業でも活用できる新しい調達手法としては以下の方法もある、としている[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 志村和次郎、ニュービジネスブレイン機構『最新事業戦略と事業計画書がよーくわかる本』秀和システム、2006年、148-149頁
  2. ^ a b c d e f g h i 丸山武志、山田英司 著『資金調達 完璧マニュアル』すばる舎リンケージ 2008

関連項目編集