賈 公彦(か こうげん、生没年不詳)は、儒学者・経学者。洺州永年県の人。太常博士を務め、『周礼注疏』や『儀礼注疏』の編纂に携わった[1]

生涯編集

賈公彦は三礼に精通しており、それを基に『周礼注疏』を編纂した。また、鄭玄注などにも携わった。

また、北斉黄慶李孟愆の疏を用いて『儀礼注疏』を編纂した。

評価編集

乾隆帝は『四庫全書』で賈公彦に触れ、『周礼注疏』を称賛している。

しかし、同じく清の阮元は否定的な評価をしており、後世での評価は二分されている。

脚注編集

  1. ^ 旧唐書』儒学上 賈公彦伝

参考文献編集

  • 旧唐書』巻189上 儒学上 賈公彦伝