メインメニューを開く

賢明女子学院中学校・高等学校

賢明女子学院中学校・高等学校(けんめいじょしがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、兵庫県姫路市に所在し、中高一貫教育を提供するカトリック系の私立女子中学校高等学校。高等学校においては1学年の生徒総数180人のうち20%弱の35名の生徒を募集する準完全中高一貫校[1]聖母奉献修道会を母体とする学校法人賢明女子学院が設置・運営している。

賢明女子学院中学校・高等学校
Kenmei Jyoshi Gakuin.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人賢明女子学院
設立年月日 1951年(昭和26年)
創立者 マリー・リヴィエ
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 準完全一貫制
分校 なし
課程 全日制課程
二部以上の授業 なし
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース ソフィア(特進)コース
ルミエール(進学)コース
学期 3学期制
高校コード 28543K
所在地 670-0012
外部リンク 賢明女子学院中学校・高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

姉妹校に学校法人賢明学院が運営する賢明学院幼稚園・小学校・中学校・高等学校大阪府堺市堺区)がある。

校地の北側に、同じくカトリックのミッションスクールである淳心学院中学校・高等学校男子校)が隣接している。こちらはベルギー発祥の修道会による設置であり、別の学校である。聖職者同士での交流はあっても、公的な意味での生徒交流はない。

姫路城大天守第六層から南東望。賢明女子学院の校庭は中程右側
学校の裏門になっている姫路城の内京口門の石垣

目次

概要編集

1796年フランスで創設された聖母奉献修道会1948年6月来日し、1951年(昭和26年)4月、賢明女子学院中学校・賢明女子学院高等学校開校。

現在当校を運営する学校法人賢明女子学院は、カナダから来日した同修道会の支部により創設された。

校名の「賢明」は、カトリックの7つの徳に含まれる「賢慮」「聡明」に由来してつけられた[2]

校内のあちこちに聖母マリア像があり、生徒たちを見守っている。姫路城(白鷺城)のすぐ東隣に校舎を構えている。付近には美術館、博物館などがあり、また、都会の学校ながらグラウンドも広く、施設が充実している。

キリスト教カトリックの教えにより、「the Best(最善をめざす)」を教育理念としている。「思いやる力」「創る力」「叶える力」の3つの力を養い身に付けることを教育方針としている。

2013年度からは高校がコース制となり、ソフィア(特進)コースとルミエール(進学)コースに分かれた。

2011年(平成23年)に創立60周年を迎えた。

編成編集

難関国公立大学を目指す「ソフィアコース」、難関私立大学・国公立大学を目指す「ルミエールコース」の2コースが設置されている[3]

1クラス約30~40名の4クラスまたは3クラス編成である[4]

授業編集

カトリックの学校であるが、月2回土曜日に4時間授業を実施している[5]。さらに、毎週木曜日は7時間目まで授業を実施している。このことにより、増えた時間を基礎学力の定着や、演習など理解をより深めるための質の高い学習に充てている[6]

中学の英語の教科書は『プログレス・イン・イングリッシュ』を使い、中1ではクラスを2分割した少人数授業を実施し、英語の力をしっかり身につけていく[2]。そして中2からは英・数で習熟度別授業を実施している。

中学では週4日、高校では週6日の放課後補習を実施している。国公立大学進学者数の増加を狙い、中高のソフィアコースの生徒には放課後の数学強化補習を週1回行っている[6]

夏休み中も約60もの講座を開講している。対象学年を限定しない講座もある。

高校課程の多くを2年で終える[7]

クロス・スタディ編集

本校では興味のある分野や学問の面白さを発見し、勉強に前向きに、自発的に学ぶきっかけになるように、理系や文系といった枠を越えたクロススタディを実践している。

1年間で「自然科学」「人文科学」「芸術」から2テーマずつ計6テーマを学ぶ。週1時間、月1テーマで行われる。

宗教編集

6年間通じて宗教の時間があり、生き方や平和、奉仕の精神について学んでいく。

沿革編集

母体となる聖母奉献修道会1796年マリー・リヴィエにより創立。1948年6月、聖母奉献修道会カナダ管区本部から修道女4名が来日し、大阪阿倍野に居住して日本地区本部を設立した。1950年6月、姫路(姫路市本町68番地)に土地を購入し、中高一貫校の本学院が開校した。

  • 1951年(昭和26年) - 中学校・高等学校が開校。
  • 1964年(昭和39年) - ベルギー国王ボードゥアン1世夫妻が来校。
  • 1975年(昭和50年) - 生徒会奉仕部が県のじぎく賞受賞。
  • 1982年(昭和57年) - 学院創立者マリ-・リヴィエ、教皇ヨハネ・パウロ2世により福者に列せられる。
  • 2000年(平成12年) - 50周年記念式典を挙行。ホームページを開設。

行事編集

  • 学院祭 - 9月に行われる。
  • 中3修学旅行(長崎)- 10月
  • 語学研修(高1・高2希望者)- 春休みに行われる、約15日間の語学研修。現地にホームステイし、姉妹校であるPresentation of Mary Academyの学生と交流を深めながら、英語を体験的に学ぶ。また、ハーバード大学訪問やボストン市街観光なども実施。
その他「クリスマス行事」や「聖母をたたえる集い」などカトリック校らしい行事が多くある。

クラブ活動編集

中高生は一緒に活動を行っている。入部率は高い。少林寺拳法部は全国大会の常連である[2]

体育系
  • 少林寺拳法部
  • 硬式テニス部
  • ソフトボール部
  • バドミントン部
  • ソフトテニス部
  • 卓球部
  • 陸上競技部
  • バレーボール部
  • バスケットボール部
文化系
  • ブラスバンド部
  • ハンドベル部
  • 自然科学部
  • コーラス部
  • カトリック研究会
  • アート部(アニメ・写真・美術部門)
  • 書道部
  • ダンス部
  • E.S.S部
  • 放送部
  • 文芸部
  • パソコン部
  • 家庭科部
  • 演劇部
  • 文芸部カルタ班
同好会(当校では「おけいこ」と称する)
  • 茶道
  • 華道
  • 箏曲

制服編集

学校創立時の1951年に、カナダから来られたシスター方により制定された、「合服」と呼ばれている着こなしが基本とされている。紺のウールのベストに白の長袖ブラウス、前中央に小さなくるみボタンの付いた前箱ひだのプリーツスカート。そして中学は赤、高校は紺のリボンを付ける。靴は白と紺のコンビであり通称「パンダ靴」と呼ばれる。

凛として清楚な「ベスト姿」に「パンダ靴」は賢明生のトレードマークとなっており、遠くからでも賢明生だと分かる。現在でも卒業式や入学式など大切な式には「ベスト姿」で参列している。

2019年に制服が基調を変えずも新しく制定される。

夏服
ショールカラーの白の半袖ブラウスに赤・紺のネクタイ、薄手のウールのスカートに賢明特製の「K」をデザインしたバックルのついた紺のベルトを付ける。紺の縁取りとリボンのついた麦藁帽子や冷房、紫外線よけのカーディガンも制定されている。
冬服
ベストの上に襟なしの上着やスクールセーター、コートなどを着用する。

連携編集

  • 姫路獨協大学薬学部ゲノム解析学研究室との連携:
    科学技術振興機構 (JST) が主催する「中高生の科学研究実践活動推進プログラム(学校活動型)」の連携機関として、教育連携活動を行っている[8]
    2015年度より、ハイドロゲルを用いた哺乳動物細胞の3D培養法三次元培養法)の確立に学生たちと取り組んでいる。
    3D培養では生理的環境に近い状態で細胞を培養することが可能で、この方法を用いて三次元的に組織を構築し、今後の再生医療等への応用を目指している。

所在地編集

有名卒業生編集

関連項目編集

脚注および参照編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中学校生徒募集要項によれば生徒募集人員数は145人、高校生徒募集要項によれば生徒募集人員は35人であり、両方の合計は180人となる。高等学校からの生徒募集数35人を中学校・高等学校からの生徒募集総数180人で除した数値が20%を僅かに下回った。『平成12年度版 全国注目の中高一貫校』(学習研究社1999年8月発行)の「要注意! この学校には高校から入れない!!」のp.68の表のうち「1999年の募集人員が少なかった私立高校の例」によれば、「高1生の在籍生のうち外進生比率が20%以下の主な学校」が準完全中高一貫校として分類されている。
  2. ^ a b c 賢明女子学院中学校|兵庫県の私立中学校|中学受験応援サイト 『シガクラボ』
  3. ^ 6年間の学び | 中学校 | 賢明女子学院中学校・高等学校
  4. ^ 賢明女子学院中学校 | 中学受験の情報サイト「スタディ」
  5. ^ 賢明女子学院高等学校の学ぶこと/学校生活情報 | 高校選びならJS日本の学校
  6. ^ a b 賢明女子学院が育む3つの力 | 学院案内 | 賢明女子学院中学校・高等学校
  7. ^ 賢明女子学院高等学校の進学情報 | 高校選びならJS日本の学校
  8. ^ 姫路獨協大学 最新情報 【お知らせ】賢明女子学院との教育連携活動について [薬学部] 2016/04/11

外部リンク編集