賢者の贈り物 (テレビドラマ)

賢者の贈り物』(けんじゃのおくりもの)は、広島ホームテレビ制作・テレビ朝日系列で、2001年12月24日の14時 - 14時54分に放送された、単発のオムニバスドラマ

オー・ヘンリーによる同題の短編小説とは、まったく関係ない。

クリスマス」をモチーフにした3編のショートストーリーが展開される。全体の監修は岩井俊二が務めた。番組パッケージのプロデュースとして、セレクトショップのBEAMSが協力している。

目次

作品データ編集

オープニング「賢者の行進」編集

「HOTDOG EXPRESS」編集

ホットドッグスタンドに勤めるまどかは、毎朝店に顔を出す高校生の浩輔に心を寄せていた。しかし、彼はクリスマスに海外留学へ行ってしまう。

「DOCUMENTARYTIC」編集

パリから帰国した、ミュージシャンのカヒミ・カリィが東京で過ごすクリスマスの様子を、ドキュメンタリータッチの映像とモノローグで綴る。

「祭典の日」編集

東京の下町に住む小学生リリカが迎える、クリスマスの一日を描く。